シェイクスピアの生家の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

シェイクスピアの生家
Shakespeare's Birthplace

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Henley St., Stratford-Upon-Avon CV37 6QW

Chiltern Railways線およびLondon Midland線 Stratford-Upon-Avon駅

料金

£15.90
子どもは£9.50
※購入当日より1年間有効

営業時間

9:00頃-17:00頃
※季節によって営業時間が異なり、また、約半年後までの営業時間しか発表されていないため、要事前確認

休業日

12/25

HP

http://www.shakespeare.org.uk
日本語、英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、イタリア語、中国語

データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

世界で最も偉大な文豪の生家

Shakespeares Birthplace

ウィリアム・シェイクスピアといえば、イギリスのみならず世界でも最も偉大な文豪だ。
英文学を学べば必ず彼の作品には触れるし、演劇や文学に一切興味のない人であってもシェイクスピアの名前を一度も耳にしたことがないという人はまずいないだろう。

そんなシェイクスピアが生まれ育ったのは、イングランド中部にあるストラトフォード・アポン・エイヴォンという街だった。
彼がこの地に誕生してからは450年以上が経過しているが、その生家は現在も保存されており、世界中から観光客を集める人気スポットとなっている。

生家の内部のうち、約半分は当時の家財に彩られたスペースで、もう半分はシェイクスピア本人に関する展示スペースだ。
中世イギリスの雰囲気を肌で感じながら彼の生涯に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

ちなみに、2kmほど離れたショッテリー村には妻アン・ハサウェイの生家も残っているので、熱心なファンならば合わせて見学するもよいだろう。

見どころ

文豪を育てた仕事場

ストラトフォード・アポン・エイヴォンで有名なのはシェイクスピアだけではない。
シェイクスピアの父も、かつてはこの町の町長を務めたこともある地元の名士だった。

ただし、父は根っからの政治家だったわけではない。
シェイクスピアの父は、もともとは皮革製品をあつかう職人だったのだ。
そのため、シェイクスピアの生家には父の仕事場が残されている。
けっして現代的に洗練されているわけではないのに、生活感漂うその仕事場にも中世イギリスらしいスタイリッシュさで溢れている。

この仕事場が歴史的文豪を育んだのだと考えると、部屋中に置かれた皮の切れ端も特別なものに見えてくるだろう。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    アクセス

    シェイクスピアの生家へのアクセス

    Henley St., Stratford-Upon-Avon CV37 6QW

    Chiltern Railways線およびLondon Midland線 Stratford-Upon-Avon駅

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ