ロンドン博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

ロンドン博物館 (Museum of London)

2017/12/14 更新

基本情報

住所

150 London Wall London EC2Y 5HN

メトロCircle、Hammersmith & City、Metropolitan線Barbican駅下車

料金

無料

営業時間

10:00-18:00

休業日

12/24-12/26

HP

Museum of London
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Museum of London

ロンドン博物館 は、ローマ時代から現代に至るまでのロンドンの歴史を扱っている博物館。世界でも有数の都市型博物館として有名だ。

華やかなヴィクトリア朝について詳しく知ることができる一方で、優雅な生活の裏側にあった貧しい暮らしの人々の状況を知る事ができるのも興味深い。一部の階級の裕福さとは裏腹に、児童労働やスラム街が形成されていった歴史の真実を学べる貴重な展示である。

歴史

第二次世界大戦で被害を受けた場所を再開発して、1976年に開館したのが博物館の始まり。ローマ時代から、中世、近代、現代へと時代ごとに展示されていて、ロンドンの歴史を時系列で追うことができる。ローマ時代の遺跡「ロンドンウォール」や、「ヴィクトリアン・ウォーク」が代表的な展示物だ。

チェック

ロンドンウォール

Museum of London

ローマ時代の遺跡をこの目で

ローマ時代の重要な遺跡である「ロンドンウォール」を、ロンドン博物館の敷地内に見ることができる。ロンドン市内では合計21ヶ所でローマ時代の遺跡を見ることができるが、ロンドン博物館にあるロンドンウォールは、ローマ時代の巨大な砦の一部だと言われている。

館内には、西暦55年頃にロンドンへと侵攻してきたローマ人の歴史を詳しく伝えるパネルも展示されている。パネルと合わせて遺跡を見ると、当時のローマ人の姿が目に浮かぶようにイメージできるだろう。ローマ帝国の栄華を垣間見る貴重な遺跡を、その目で確かめたい。

旅のプロ直伝 ロンドン博物館観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、芳田愛希さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
イギリス担当
芳田 愛希
提携パートナー
世界でも最大規模と言われている博物館です。博物館としては新しい方ではありますが、ローマ帝国時代から近代に至るまでのロンドンの歴史を学ぶことができます。見どころは、中世に建てられたロンドン・ウォールという壁!ぜひ訪れた際は注目してみてはいかがでしょうか。

国営なので、入場が無料なのも魅力の1つです。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    (Photo by Rym Bgt DncnHEwan Munro)

    アクセス

    ロンドン博物館へのアクセス

    メトロCircle、Hammersmith & City、Metropolitan線Barbican駅下車。

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ