ギルドホールの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ギルドホール
Guildhall

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Guildhall Art Gallery & Roman London's Amphitheatre, Guildhall Yard (off Gresham Street), London EC2V 5AE​​​

Central線のSt,Paul’s駅から徒歩5分

料金

無料

営業時間

10:00-17:00
日曜は12:00-16:00

休業日

一部祝日

HP

Guildhall
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

ロンドン市庁舎

Guildhall

ロンドン市内の中心に位置するゴシック建築が特徴的なギルドホールはロンドン市の市庁舎である。

15世紀に建設されたギルドホールは17世紀のロンドン大火災と20世紀の第二次世界大戦の影響で建物のほとんどが壊滅してしまった。
現在は地下の礼拝堂や建物の一部だけが残されている。

地下には2000年以上前のローマ人によって造られたとされる競技場の遺跡が残されている。
この地で何千年も前に競技観戦や公開処刑などが行われていたとされている。
ロンドンの中心でその隠された歴史の地を踏みしめることが出来るというのは感慨深いものがある。

となりには新しく建てられたギルドホール・ギャラリー(上写真)があり、17世紀から現在に至るまでに集められてきた4000点にも上るコレクションの中から250点ほどを常時展示している。
ロンドンの風景画などが多く、歴史をさかのぼりスケッチや絵画を通してロンドンの歴史ある風景を楽しむことが出来る。

見どころ

ロンドンの芸術コレクションを展示するアート・ギャラリー

Guildhall

ギルドホールでは17世紀から現在に至るまでに収集された絵画などの芸術品を展示している、アートギャラリーがある。

1999年にオープンしたこのギャラリーは15周年を記念し更に多くの作品を展示ができるよう約£60万をかけリニューアルした。
最先端の照明システムが作品を照らし、作品の魅力を引き出している。

小さいギャラリーではあるが、ロンドン風景画やラファエル前派のコレクションなどを充実させており、見応えある内容である。
4000点以上にも上る絵画やデッサン、彫刻などの中から常250点程を常時展示しており、期間ごとに企画展を楽しむことが出来る。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    アクセス

    ギルドホールへのアクセス

    Guildhall Art Gallery & Roman London's Amphitheatre, Guildhall Yard (off Gresham Street), London EC2V 5AE​​​

    Central線のSt,Paul’s駅から徒歩5分

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ