カンタベリー大聖堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

カンタベリー大聖堂
Canterbury Cathedral

2017/12/12 更新

基本情報

住所

11 The Precincts, CT1 2EH, Canterbury, Kent

鉄道southeastern線Canterbury East駅から徒歩10分

料金

£12
18歳未満は£8
65歳以上は£10.5

営業時間

夏季は9:00-17:30
冬季は9:00-17:00
日曜は12:30-14:30
最終入場は閉館の30分前

休業日

年中無休

HP

Canterbury Cathedral
データガイド
アクセス
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Canterbury Cathedral

7世紀にカンタベリーの大司教アウグスティヌスによって布教され、修道院として建設されたカンタベリー大聖堂。1170年にイングランド王ヘンリー王と対立して暗殺された大司教、トマス・ベケットが殉教した聖地として、多くの巡礼者が訪れるようになった。ベケットの生涯は大聖堂内の大きなステンドグラスに描かれており、その美しく神聖な姿は必見である。

ゴシック建築

カンタベリー大聖堂は当初はロマネスク建築であったが、大火災を機に再建されゴシック建築となった。現在はゴシック建築の傑作のひとつといわれ、その歴史ある外観、素晴らしい内観の構造などは、息をのむほどの美しさである。また、大聖堂は世界的にもキリスト教の重要建築物とされており、長い歴史のキリスト教文化の一旦を担っている。

チェック

大聖堂内部

Canterbury Cathedral

荘厳で見応えのある内観

カンタベリー大聖堂はゴシック建築の傑作と言われ、大聖堂の中に足を踏み入れれば荘厳さを肌で感じることができるだろう。

身廊から眺める大聖堂内部は、柱に垂直な線が幾つも引かれ、天井に伸びている。その垂直な線が強調された柱はひどく繊細で、大聖堂の独特な雰囲気を作り出すのに一役買っている。また、天井はアーチ状に作られ、柱の線と複雑に且つ美しく交わって精巧な模様を描いているのが分かる。見上げればその天井の高さにもまた圧倒される。

さらにカンタベリー大聖堂のステンドグラスには大司教トマス・ベケットの生涯を描いた壮大な物語が描かれており、美しい光を通し輝く数々のステンドグラスは、見応えがあり必見である。

旅のプロ直伝 カンタベリー大聖堂観光のポイント

執筆者の旅工房コンシェルジュ、芳田愛希さん
旅工房トラベル・コンシェルジュ
イギリス担当
芳田 愛希
提携パートナー
英国国協会の「総本山」と言われている教会で、世界遺産にも登録されている、ゴシック建築が特徴で非常に迫力のある建物です。「カンタベリー物語」に出てくる中世の面影を今に残しています。違う時代にタイムスリップしたかのような気分をお楽しみいただけますよ。

ロンドンの中心部から約1時間半で訪れることができるので、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

編集部一押しの観光プラン

ストーンヘンジに楽々アクセス!郊外を3名所網羅プラン

  • ストーンヘンジを巡る現地ツアー

    世界遺産ストーンヘンジ&バースとウィンザー城 日帰り観光ツアー

    郊外にある為ややアクセスしづらいストーンヘンジを始め、ウィンザー城やバースといった3つの名所を効率良く1日で巡れる大人気ツアー。チケットは予約済み、オーディオガイドもあるので効率的に、かつしっかり見学できるのがうれしい。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のストーンヘンジ現地ツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    アクセス

    カンタベリー大聖堂へのアクセス

    鉄道southeastern線Canterbury East駅から徒歩10分。

    プラン相談

    どんなロンドン旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でロンドン旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ザ ゴーリングの中庭
    海外での防犯対策グッズ