イギリスの電圧・電源プラグ・度量衡

イギリスの電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

データガイド
データガイド

チェック

イギリスの電圧・電源プラグ


電源の変換プラグは必須。変圧器は必ずしも必要でない場合も

イギリスの電圧は240Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。ただし最近のノートパソコンやスマートフォン(iphone等)、カメラのプラグや充電器には「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。普段使用している電化製品が240Vの電圧に対応しているのかどうか、事前に仕様をチェックしておこう。

また、電源プラグの形状も日本のAタイプとは異なり、プラグが3つあるBFタイプだ。日本の製品をイギリスのコンセントに差し込もうとするなら、変換プラグが必要となる。また、グローバルWi-Fiをレンタルした場合には、同時に行き先の国の変換プラグも貸し出してくれる事も多いので、あらかじめ確認しておこう。イギリス以外の国への旅行も検討している場合には、複数のプラグの役割を果たすマルチ変換プラグをひとつ持っておくと心強い。ちなみに、イギリスと同じく電源がBFタイプの国としてアイルランドやマレーシア、シンガポール等が挙げられる。

変換プラグの使い方は簡単。コンセント横にあるスイッチをオンにして変換プラグを差し込み、そこから更に日本から持って来た電化製品のプラグを差し込むだけだ。

イギリスの度量衡


試着してからの購入がベスト

イギリスの度量衡(長さ・重さ・距離の単位)は日本と異なり、下記のようになる。

・長さはインチ(1インチ=2.54cm)
・重さはポンド(1ポンド=453.6g)
・距離はマイル(1マイル=1.6km)

服や靴のサイズについては海外から輸入されている物が含まれていたり、メーカーによって異なっていたりする為、必ず試着をしてから購入しよう。

■靴のサイズの目安(レディス/メンズはインチに0.5をプラスしたもの)
・日本(センチメートル)-イギリス(インチ)
23-4
23.5-4.5
24-5
24.5-5.5
25-6

■服のサイズの目安(レディス/トップス、アウター)
・日本-イギリス
S(7号)-8
M(9号、11号)-10、12
L(13号、15号)-14、16

■服のサイズの目安(メンズ/トップス、アウター)
・日本-イギリス
S-34、35、36
M-38、39、40
L-41、42、43

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】お手頃価格でロンドンへ!自由行動弾丸ツアー

  • ロンドン5日間 86,800円-

    とにかくロンドンにお手頃価格で行きたい、という人は必見。羽田空港から深夜便で出発、機内泊で費用を抑え現地に2泊する弾丸旅行ツアー。ロンドンでは完全に自由行動のため、団体行動の煩わしさもない。不安な人は送迎・ガイドオプションの利用がおすすめ。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のロンドンツアーはこちら

    ロンドン旅行者の必読記事

    (Photo by Klaas Brumann)

    人気記事

    WiFiを現地で使用して徹底比較!
    【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
    ザ ゴーリングの中庭
    【ロンドンのホテル】危険地区とお勧め地区を徹底解説
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選