マラガの名物料理5選!お勧めグルメ旅

Famous food Malaga

2018/01/16 更新

マラガはスペインの南の方のアンダルシアに位置する、地中海に沿ったリゾート地の一つである。年間を通して晴れの日が多く、ヨーロッパ各国から多くの観光客が訪れる。ピカソの出身地であることでも有名で、観光地としてはピカソの美術館などが見所である。マラガのお勧めグルメは何と言っても地中海で捕れる新鮮なシーフード。マラガに来たら、生ハムやチョリソーなどの肉料理もいいが、是非新鮮な魚介類を味わいたい。

エスペトス サルディネス(Espetos Sardines)

  • Famous food Malaga
    サルディネスとはスペイン語でイワシの意味。写真のように専用の焼き場で炭で焼かれるのがマラガ流で、味付けも塩、レモン汁のみととてもシンプルだが、魚が新鮮なので、それだけで十分に美味しくいただける。地中海では大量に捕れるので、5-6匹分を頼んでも€2ほどと格安。夏にはどこのレストランへ行っても注文することができ、どの店へ行っても間違いなく美味しく食べることができる。また、街を歩いていると屋台で売られているところにも遭遇するだろう。

  • イワシの唐揚げ(Boquerones Fritos)

  • Famous food Malaga
    Boquerones(ボケロネス)とはスペイン語でカタクチイワシ、Fritos(フリートス)は「揚げてある」という意味。頭と内臓などはあらかじめてとってあるので、そのまま骨まで食べることができる。味付けはとてもシンプルで、オリーブオイルで揚げたボケロネスフリートスに塩と、レモン汁を少しかけるだけ。その他にもイカやタコを揚げたものも混ぜたミックスフリートスなどもあるので、色々試したい人はそちらもおすすめだ。

  • アホ ブランコ(Ajo Blanco)

  • Famous food Malaga
    アホとはスペイン語でニンニク、ブランコは白という意味で、マラガでは名物のニンニクの冷たいスープである。白いガスパチョと呼ばれることもある。材料はパン、潰したアーモンド、ニンニク、水、オリーブオイル、塩、お酢などが使われており、また最後に白ぶどうやスライスされたメロンなどが上に飾り付けられる。ニンニクの味はそこまで強くなく、ほんのりと風味的に味わうことができ、ぶどうやメロンなどと共に食べるとサッパリとした味わいになる。

  • エンサラダ マラグエーニャ(Ensalada Malagueña)

  • Famous food Malaga
    マラガで特に夏に食べられるサラダであり、材料は茹でたじゃがいも、苦めのオレンジ、薄くスライスされた玉ねぎ、タラ、緑のオリーブが使われている。ドレッシングなどは一切使用せず、基本的にサラダは塩とオリーブオイルのみ。フルーツのオレンジに野菜のじゃがいもにオリーブオイルと、アンバランスな組み合わせのように見えるが、じゃがいもの甘みとオレンジの少々の甘み、苦味が上手くオリーブオイルと合わさっている。

  • ボケロネス エン ビナグレ(Boquerones en Vinagre)

  • Famous food Malaga
    マラガではイワシ、カタクチイワシなどが多く獲れることから、それらを使った料理が多く見られる。この料理はカタクチイワシのマリネで、材料はいたってシンプル。お酢(またはワインビネガー)、塩、オリーブオイル、ニンニク、パセリなど。スペインではバルやレストランなどでタパス(小皿料理)として一般的に出されている。味はお酢とニンニクがよくきいていて、ビールなどのお酒のおつまみにぴったりの一品だ。

  • (Photo by Javier LastrasJavier Lastras Javier Lastras cyclonebill Javi Vte Rejas Julia Löffelgenuss)