シウタデリャ公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

シウタデリャ公園
Parc de la Ciutadella

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Parc de la Ciutadella, Passeig de Picasso, 21 08003 Barcelona

メトロL1号線 Arc de Triomf駅
メトロL4号線 Jaume I駅またはCiutadella | Vila Olímpica駅

料金

無料

営業時間

10:00-日没まで

休業日

年中無休

HP

-

データガイド
アクセス・入場
データガイド

概要

緑あふれる市民の憩いの場


シウタデリャ公園は、17ヘクタール以上もの広大な面積をもつ公園だ。
公園内には豊かな緑やボート遊びのできる池、さらにはガウディが設計に携わった美しい噴水などがあり、市民の憩いの場となっている。
観光のついでに訪れてみて一休みするのもお勧めだ。

もともとこの地は、18世紀に巨大な要塞が築かれていた場所で、その要塞の名がシウタデリャといった。
中央政府による圧政時代の象徴であったためバルセロナ市民からは嫌悪されていたのだが、19世紀末になってバルセロナ万博の会場として再利用されることになり、それからは現在のような愛される公園へと姿を変えている。

ほかにも動物園や州議会議事堂、ドラゴンのお城など、見るだけでも楽しめるスポットが多くある公園なので、観光のスケジュールがぽっかりと空いてしまったときなどに訪れるには最適だろう。

見どころ

ギリシャ神話モチーフの噴水はガウディはじめの一歩


バルセロナを代表する建築家といえばガウディだ。
実はこのシウタデリャ公園にある噴水は、ガウディがはじめて本格的に携わった公共建築物として知られている。

市の依頼によって公園全体の設計を担当したのはジュゼップ・フォンセーレだったが、フォンセーレはまだ学生だったガウディを水場の建築に大抜擢する。
それに応えて、ガウディはギリシア神話をモチーフにした美しい噴水を作り上げたのだった。
特徴的なのは水を吐き出す4匹のドラゴンだが、いずれも微妙に表情が異なるという、いかにもガウディらしいこだわりを見てとることができる。

その後のガウディの躍進はこの噴水の仕事が認められてのことであり、いわばシウタデリャ公園はガウディの輝かしい功績の第一歩だということができるだろう。

編集部一押しの観光プラン

【H.I.S.】バルセロナ3日間観光、弾丸ツアー5日間の旅

  • バルセロナ5日間 89,800円-

    羽田を深夜に発ち、機内泊でバルセロナへ。当地で3日間の観光を経てまた機中泊で帰ってくる全5日間の弾丸ツアー。現地では自由に観光ができるのが嬉しいポイント。困った時にはH.I.S.のバルセロナ支店が日本語でサポートしてくれる。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他のバルセロナツアーはこちら

    バルセロナ旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    シウタデリャ公園へのアクセス


    Parc de la Ciutadella, Passeig de Picasso, 21 08003 Barcelona

    メトロL1号線 Arc de Triomf駅
    メトロL4号線 Jaume I駅またはCiutadella | Vila Olímpica駅

    人気記事

    WiFiを現地で使用して徹底比較!
    【6ヶ国で実際に比較!】本当にオススメの海外WiFiレンタルはこれ!
    バルセロナのホテル
    【バルセロナのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選