パリのお土産ショッピング人気ランキング

パリにはショッピングに困ることはおよそ考えられないほど、沢山の有名ブランド、小売店が店を構えている。ショッピングストリートとして特に有名なのはシャンゼリゼ大通りだ。世界一美しいストリートでショッピングを思う存分楽しもう。もちろん、シャンゼリゼ大通り以外でもショッピングは楽しめる。お土産を購入するにはガルニエ宮のエリアが適している。ショッピングのシーンによってエリアを考えたい。

ショッピング

43件

IRIS in Paris

イリス

超有名ブランドの靴を製造するブティック

イリスは、パリ・コレクションなどの超有名ランウェイに出展する世界TOPレベルのデザイナー/ブランドが愛する靴のメーカーだ。 クロエ、マークジェイコブス、ジル・サンダーなどのブランドがデザインする靴を、質高く製作している。

ELEVEN-PARIS

イレブン・パリ

世界が注目する日本未上陸のファッションブランド

イレブン・パリは、オリエル・ベンシモン(Oriel Bensimon)とダン・コーエン(Dan Cohen)によって2003年にスタートしたばかりの新しいファッションブランドだ。 毎年、超有名人と契約を結び、イレブン・パリの人気Tシャツライン"Life is a joke"に顔写真をプリントしている。

Kabuki in Paris

カブキ

世界が注目するデザイナーによるセレクトショップ

カブキは、パリきってのファッションストリートであるエティエンヌ・マルセル通りに店を構えるセレクトショップだ。 バルバラビュイによって見事にセレクト、コーディネートされた服が、お洒落な店内に並んでいる。 セレクトされている服は、クロエ、バルバラビュイ、プラダ、マーク・ジェイコブスを始めとして、有名ブランドや新進気鋭のブランドなど、ファッション界の先端を走るデザ…

Christian Dior

クリスチャン・ディオール本店

老舗ハイファッションブランドの本店

超有名ハイファッションブランドであるディオール(Dior)は、クリスチャンディオールによって、1946年に創立された。 今日に至るまで、不動の人気を誇る。 シャンゼリゼ通りから一本入った通りにあるこの店舗は、世界のディオールの本店であり、世界中からファンが集まっている。 店内には、ディオールブランドのあらゆるグッズが広い店内に所狭しと展示されている。

NAFNAF in Paris

ナフナフ

老舗のガールズファッションブランド

ナフナフは、1973年にジェレイドとパトリックによって創設されたパリのガールズブランドだ。 シャツとズボンの上下が一続きになったジャンプスーツが流行したことでブランドの名が広く知られるようになり、1987年のダウンジャケットの爆発的ヒットによってその名を不動のものとしている。

Marche Raspail in Paris

マルシェ・ラスパイユ・ビオ

パリ随一のオーガニック専門市

このマルシェ・ラスパイユは1989年から続く、歴史の長いオーガニック専門市だ。 有機野菜を初め、ワインやジャム、その場で食べることもできるパンやガレットにスープも楽しむことができる。 日によって出店数は変わるが、およそ50店ほどが軒を連ね、観光客も多く訪れる。

Marche President Wilson in paris

マルシェ・プレジダン・ウィルソン

シャンゼリゼ通り近くの高級マルシェ

パリには幾つかの有名なマルシェがあるが、このマルシェ・プレジダン・ウィルソンは高級食材が並ぶ市場として有名だ。 数々の有名レストランシェフがこの市場を訪れて、料理に用いる食材を購入していく。 高品質なワインやフォアグラ、オリーブなどが目白押しだ。

STOHRER in Paris

ストレー

パリ最古の名門パティストリー

ストレーは、1730年創業の、パリ最古のパティストリーだ。 かつてルイ15世に嫁いだポーランド王スタニスワフ1世の娘マリーが、お抱えパティシエとして連れて行ったニコラ・ストレーが、2区モントルゲイユ通りに店を構えたのが始まり。 歴史あるストレーには、2004年にエリザベス女王が訪れたこともある。

Ble Sucre in Paris

ブレ・シュクレ

名門ホテルのパンをお手頃価格で

観光客が多く訪れる地域からは少し外れたバスティーユ地区にブレ・シュクレはある。 地元の人から愛され続けるブランジュリー(パン屋)だ。 ホテル・パレ、プラザ・アテネ、ホテル・ブリストルといった名門ホテルでパティシエとして働いていたファブリス・ル・ブダ氏がオープンさせたこの店には、数々のこだわりのパンやケーキが並んでいる。

Marche des Enfants Rouges in Paris

アンファン・ルージュ市場

1628年から続くパリ最古のマルシェ

このアンファン・ルージュ市場がこのマレ地区の北に生まれたのは1628年のことで、日本では江戸時代が始まった直後の頃だ。 アンファン(enfants)は子供を、ルージュ(rouge)は赤を意味し、近くにあった孤児院の子供たちが赤い服を身に着けていたことがこのマルシェの名前の由来となっている。

1 2 3 4 5