パリのトラムの料金、乗り方 、路線図、注意点

パリのトラム
Tramway

2017/10/02 更新

Tramway
データガイド
プラン相談

データガイド

概要

パリの街を歩いていると珍しい乗り物が走っていることに気がつくだろう。
このトラムは1990年代からパリで運用が始まり、現在ではT1からT8までの路線がある。
詳細な路線図は以下で、Tと書かれているのがトラムの路線図。

http://www.ratp.fr/informer/pdf/orienter/f_plan.php?fm=pdf&loc=reseaux&nompdf=metro

なお、パリのシティパスポートがあればトラムを始めメトロやバスが有効期間内で乗り放題になる(いずれもゾーン1-ゾーン3内)。ルーブル美術館などの有名美術館へも無料で入場可能だ。時間とお金の節約になるので、パリを観光の拠点にする人には、あらかじめ購入しておくのもおすすめだ。

➡ パリ シティパスポートの事前購入はこちら

パリ トラム切符の買い方

Tramway

トラムの切符はメトロやバスと同様で、一律€1.8、購入も簡単で利用しない手はない。
券売機を利用する場合、基本的にはフランス語、または英語で切符を購入することになる。
なお、券売機の操作は画面下のロールバーを回して行う。

以下が購入に際しての簡単な手順になる。

パリ トラムの切符を券売機で購入する方法

①表示言語を選択
Tramway

②Navigo(定期)または切符かを選択
・画面上部がNavigoで下部が切符

Tramway

③Ticket t+(パリ市内であるゾーン1の共通切符)を選択
・この画面にてParis Visiteの購入や空港行きの切符、駅指定の郊外行きの切符の購入もできる

Tramway

④大人か子供かを選択
・「Plein Tarif」もしくは「Full fare」が大人、「T.réduit,cartes de réduction,-10a」もしくは「Reduce fare, -10years old,」が10歳未満の子供で、4歳未満は無料

⑤枚数を選択

Tramway

⑥購入決定を選択
・Validateが決定

Tramway

⑦支払
・クレジットカードはVisaかMasterCardに限って利用化

パリ トラムの乗車方法

Tramway

切符を乗車時に刻印機に差し込めば良い。
Navigoを持っている場合は紫色の読み取り機械にタッチすれば良い。

パリ トラムの降車方法

Tramway

各停留所に停車するため、降車したい停留所に着いたらドアに付いているボタンを押し、自分でドアを開けて降りる。
なお、Ticket t+はメトロ、高速鉄道 (RER)、バスと同様に回収されない。

編集部一押しの観光プラン

パリ観光の幅が更に広がる!乗り放題ダブルデッカーバス

  • 乗り降り自由!パリの主要観光スポットを走る ダブルデッカーバス

    パリ市内を走る2階建のダブルデッカーバスに自由に乗り降りできるプラン。停留所は50カ所以上、主要な観光名所を網羅した4路線で観光の足に最適だ。トラムと組み合わせて散策の幅を広げよう。日本語オーディオガイド付き。

    ➡ 詳細はこちら

  • ➡ その他のパリ現地ツアーはこちら

    パリ旅行者の必読記事

    30%以上SALE情報のまとめ

    福井県清風荘でポイントバックセール中!
    ホテル 【約40%お得】北陸最大級の庭園露天風呂が自慢の福井県「清風荘」でポイントバックセール中。2室限定の最上級部屋が実質40%お得! キャンペーン期間: 6月14日 〜 9月30日
    磐梯熱海温泉 離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘
    飛行機 【約30%お得】福島県磐梯熱海温泉の最高級宿が、今だけポイントバック!ゆったりとした部屋風呂付きの完全プライベート離れを2万1千円- キャンペーン期間: 5月18日 〜 10月31日
    ホテル浜比嘉島リゾートのテラス
    ホテル 【約30%お得】楽天トラベルにて、沖縄のリゾートホテル「ホテル浜比嘉島リゾート」が、実質大人一名6,300円~ キャンペーン期間: 3月16日 〜 9月30日

    プラン相談

    どんなパリ旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「10万円以内でパリ旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    ホテル レジーナの客室
    海外での防犯対策グッズ