ホイアンの名物料理5選!お勧めグルメ旅

Famous food in Hoi An

2017/10/10 更新

ベトナム中部の街ホイアン。幸いにもベトナム戦争で大きな被害を受けなかったことで、歴史ある町並みが残り、世界遺産に登録された。古い町並みは、昼間に見ると哀愁を感じるような趣があるのだが、夜になると色とりどりのランタンで彩られ、まるで夢の街に迷い込んだような錯覚さえ覚える美しさだ。そんなホイアンは、400年ほど昔に日本人街があり、日本人が建設したと呼ばれる日本橋(来遠橋)もある日本と繋がりの深い街でもある。ホイアンでは独自の食文化も栄えており、ホイアンでしか食べられない名物料理が多いのも特徴と言える。ホイアンに訪れた際は名物料理の食べ逃しに注意である!

カオラウ(Cao Lầu)

  • Famous food in Hoi An
    ホイアンの郷土料理カウラウ。うどんに近い太めの麺に、チャーシューや揚げた春巻きの皮、野菜や香草を乗せた料理。ヌクマム(ベトナムの醤油)ベースの濃い目のタレを絡めて食べる和え麺スタイルの麺だ。この麺のルーツは伊勢うどんだというから驚きだ。食べた触感もうどんに近く、食べごたえのある麺はよくタレがしみ込んで旨い。上に載っているチャーシューはほどよく脂がのっており、パリパリに揚がった春巻きの皮の触感も楽しい料理である。

  • ホワイトローズ(White Rose)

  • Famous food in Hoi An
    なんともオシャレな名前のこの料理。名前の通り、その見た目が白いバラのように見えることから名づけられた料理だ。調理の時に、ホイアンにあるバーレー井戸という井戸の水を使用することから、ホイアン以外ではほぼ作ることができない料理だと言われている。その調理方法は、薄い米粉の生地にエビのすり身などを包んで蒸し上げるというシンプルなもの。上には小エビやニンニクをカラリと揚げた物がかかっていて、ヌクマムベースのタレをつけて頂く。ツルンとした食感の生地と、プリプリのエビ、上にかかった香ばしいニンニクの香りが口に広がり、たまらない味になっている。

  • 揚げワンタン(Fried Wonton)

  • Famous food in Hoi An
    見た目にも食欲をそそるこの料理。カリッと香ばしく揚げたワンタンの上に、たっぷりの野菜やエビ、豚肉の入った餡を乗せたら出来上がりだ。中にはパイナップルを入れる店もある。店によっては具材を餡かけにせずに生地に乗せるタイプの物もあり、ホイアンの伝統的な料理だけに店によってそのこだわりは様々なようだ。パリパリの生地に甘酸っぱい味の具材がマッチして、スナックのような感覚で食べられてしまう。ヤミツキになる味で、ビールとの相性もバッチリである。

  • バンウット(Bánh Ướt)

  • Famous food in Hoi An
    蒸したライスペーパーに、肉(主に焼き豚)と野菜と香草をタップリと巻き、ヌクマム(ベトナム醤油)ベースの甘酸っぱいタレで頂く料理。一番の特徴は蒸したライスペーパーで、そのモチモチした触感は他の料理には無い味わい。中に入れる肉は甘辛く味付けされていることが多く、野菜との相性もバッチリだ。モチモチの生地が優しく具材を包んで、口の中で美味しい味が広がる。一つ注文すると、その美味しさにすぐに追加注文してしまう料理である。

  • ビーフシチュー風フォー(Pho Bo Kho)

  • Famous food in Hoi An
    知る人ぞ知るPho Bo Kho(フォーボーコー)は、簡単に言えばビーフシチューのフォーである。日本で言えばカレーうどんのような感覚の食べ物だ。スープは濃厚で、牛肉の旨味がギュッと詰まった味。それでいてサラサラとしていて、しつこすぎない味わいだ。モチモチのフォーの麺がそのスープにうまく絡み、ベトナムの暑さを忘れて一気に食べてしまう美味しさだ。そして、なんと付け合わせはパリッと焼かれたフランスパン。これぞ炭水化物on炭水化物の魔性の組み合わせである。フォーボーコーは、ちょっとした隠れ名物なので、見つけたらぜひ食べてもらいたい逸品である。

  • (Photo by Khánh HmoongCharles Haynes Paul Arps Wikimedia Commons Alpha Elsie Hui)