バンコク国立博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

バンコク国立博物館
พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติ พระนคร (バンコクナショナルミュージアム)

2018/04/18 更新

基本情報

住所

4 Na Phra That, Bangkok, Phra Nakhon

バス3、15,32,53、65,82番 โรงละคร
フェリーN10 Wang Lang駅から渡し船でPhra Chang駅

料金

฿200

営業時間

9:00-16:00

休業日

月曜、火曜、祝日

HP

National Museum Bangkok
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

バンコク国立博物館は、王宮広場前に位置する博物館だ。1,000点を超す美術品が所蔵されており、タイの文化史・美術史を年代ごとに追いかけることのできるスポットとなっている。隅々まで見て廻れば、半日でタイの芸術史を理解することができるはずだ。

歴史

オープンは1874年と古く、タイという国が昔から文化を大切にしてきたことが窺えるだろう。

博物館というにはあまりにも豪華な建物と立地だが、それもそのはず、こちらが完成した当初は副王の宮殿として利用されていたものだった。後年になって、タイでは副王制度が廃止され、博物館として再利用されることになり、現在へと至っている。所蔵されている品々のみならず、建物そのものまでもが博物的な価値を有している博物館なのだ。

チェック

碑文

バンコク国立博物館はすべてが見どころといっても過言ではない博物館だが、中でも注目したいのは「ラームカムヘーン大王碑文」だろう。これは19世紀初頭にラーマ4世が発見したもので、もともとは13世紀のタイ王朝のラームカムヘーン王によって作られたものだとされている。

この碑文は歴史的価値もさることながら、平易な文章で書かれていることから、タイでは国語教育の教材としてもよく使われているという。この機会に、幼少期からタイ人が親しんでいる文章に触れてみよう。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

  • バンコクのお勧めツアー

    世界遺産アユタヤ遺跡+水上マーケット+象乗り体験ツアー

    世界遺産のアユタヤ遺跡を始め、雑貨や食品を販売する小舟が運河を行き交う水上マーケットも見学。象乗りを体験できるオプションもある、タイの魅力を1日にふんだんに詰め込んだ大評判のプランだ。丁寧な日本語ガイド同行もうれしい。
    ➡ 詳細はこちら
  • バンコク旅行者の必読記事

    アクセス・入場

    バンコク国立博物館へのアクセス

    4 Na Phra That, Bangkok, Phra Nakhon

    バス3、15,32,53、65,82番 โรงละคร
    フェリーN10 Wang Lang駅から渡し船でPhra Chang駅

    プラン相談

    どんなバンコク旅行がしたいのか相談してみよう

    「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
    「最高のサプライズがしたい」
    「4万円以内でバンコク旅行をしたい」
    123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
    エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
    ※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
    ➡詳しくはこちら

    人気記事

    バンコクのホテル
    海外での防犯対策グッズ