ワット・スタットの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ワット・スタット
วัดสุทัศนเทพวราราม (ワット・スタット)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

146 Bamrung Muang Rd., Phra Nakorn, Bangkok

フェリーN9 Th Chang駅

料金

฿20

営業時間

8:30-21:00

休業日

年中無休無休

HP

-
-

Wat Suthat

概要

大仏が人気の王室寺院

Wat Suthat

ワット・スタットは、黄金大仏で有名な王室寺院だ。
正式名称は「ワット・スタットテープワララーム」といい、ラーマ1世の時代からラーマ3世の時代にかけて建造されたものだった。

バンコクでも大規模な寺院のひとつであり、礼拝堂や鮮やかな壁画、高さ8メートルになる仏像、巨大な鳥居が人気となっている。
特に日本人には大仏好きが多いようで、ワット・スタットでは日本人観光客を見かけることも多いだろう。
そのほか、敷地内には収穫祭を観覧するためのパビリオンがいくつもあることから、昔はこの周囲が非常に賑やかだったことを窺わせる。

王室と仏教の密接な繋がりを確認することのできる寺院であるため、タイの歴史と文化をあらためて垣間見ることのできるスポットとなっている。

見どころ

①日本人に大人気 黄金の大仏

Wat Suthat

ワット・スタットでの最大の見どころといえば、やはり黄金に輝く大仏だ。
台座の高さが4メートル、仏像本体が8メートルにもなるというこの大仏は、穏やかな表情でこちらを見下ろして鎮座している。
大きすぎるため、搬入の際には一度壁を壊したとの伝説まで残っているほどだ。

こちらの大仏は背後や側面まで見学できることが特徴なので、あまり見ることのできない釈迦の背中を堪能してみるのもよいだろう。
この大仏を囲むように100体以上の金色の仏像が取り囲んでいるのもなかなか壮観だ。

②色鮮やかな巨大壁画

Wat Suthat

ワット・スタットでは、ウポーサタの壁画も人気だ。
ウポーサタというのは、トリーローカチェート仏像(大仏とは別)を祀っているお堂だが、この内部では壁から天井にいたるまで緻密な壁画で覆われているのだ。

ラーマ3世の時代に描かれたというこの壁画には、タイの民話やインド神話などの情景が描き込まれている。
ビル4階ほどの高さまである巨大壁画なので、できれば双眼鏡などを準備しておくと、隅々まで楽しめる。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

  • バンコクのお勧めツアー

    世界遺産アユタヤ遺跡+水上マーケット+象乗り体験ツアー

    世界遺産のアユタヤ遺跡を始め、雑貨や食品を販売する小舟が運河を行き交う水上マーケットも見学。象乗りを体験できるオプションもある、タイの魅力を1日にふんだんに詰め込んだ大評判のプランだ。丁寧な日本語ガイド同行もうれしい。
    ➡ 詳細はこちら
  • バンコク旅行者の必読記事

    バンコクの危険地区と観光拠点に最適な地区を徹底解説!自分の予約するホテルが安全な場所にあるか確認しておこう。Check!
    海外旅行保険って必要?保険加入者のうち、実際に使った人の割合や補償内容を解説!無駄を省こう。Check!
    マイルの貯め方&使い方を初歩から説明!難しそうだからと貯めてこなかった方、必見のお得すぎる情報満載。Check!
    海外旅行×クレジットカードの疑問をQ&A方式で解説!両替所よりお得?JCBって使える?ラウンジ利用方法は?などなど。Check!

    人気記事

    バンコクのホテル
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク