ワット・ラーチャボピットの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ワット・ラーチャボピット
วัดราชบพิธสถิตมหาสีมารามราชวรวิหาร (ワット・ラーチャボピット)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

Phra Nakhon, Bangkok

BTS ウォンウェン・ヤイ(Wongwian Yai)駅からタクシーで約23分

料金

無料

営業時間

8:00-17:00

休業日

年中無休

HP

-

Wat Ratchabophitsathitmahasimaram

概要

特徴

Wat Ratchabophitsathitmahasimaram

ワット・ラーチャボピットは、バンコクの王宮エリアにある寺院だ。19世紀半ばに、20年の歳月を費やして建立された。ゴシック装飾等の西洋の建築様式が取り入れられている。建立者は、時の統治者であるラーマ5世。現在でも国民から根強い支持を得ている王だが、同時にモダン趣味の持ち主としても有名だ。

見どころ

ワット・ラーチャボピット最大のポイントは、仏塔を取り囲むように回廊が巡らされている建物の構造だ。フランスのベルサイユ宮殿を参考に設計されたと言う。タイとフランスの文化が融合したユニークな建物である。

編集部一押しの観光プラン

世界遺産散策に象乗り体験!バンコク大満喫の鉄板プラン

バンコク旅行者の必読記事


人気記事

バンコクのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク