ペナン島旅行のおすすめ観光スポット5選!

sightseeing in penang

2017/10/10 更新

初めてペナン島に訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック。絶対行くべき定番スポットを厳選した。ペナン島は、マレー半島北部に位置し、美しい海と砂浜を有するビーチは、多くの観光客が訪れるリゾート地であり、日本人にも人気の観光地である。ペナン島はかつてイギリスの植民地であったため、イギリスの歴史的建造物をあちこちで見ることができる。特にジョージタウンには、その背景が強く残ってお、り世界遺産にも登録されている。また、ジョージタウンは貿易が栄えた街でもあり、マレー、中国、インド、イスラムの文化が融合している。ペナン島はビーチを初め、様々な異文化を肌で感じることができる観光地である。

バトゥ フェリンギ

  • sightseeing in penang
    バトゥ フェリンギは、ジョージタウンの北西部に位置し、ペナン島の中でも人気のビーチリゾート地である。かつて「東洋の真珠」とも呼ばれていただけあって、美しいビーチが海岸沿いに広がり、各国から多くの観光客が訪れる。バトゥ フェリンギでは、パラセイリングやバナナボート、ジェットスキーなどのマリンスポーツを楽しむことができ、海岸沿いを乗馬で散歩することもできる。バトゥ フェリンギは、小さな子連れでも楽しめるおすすめの観光名所である。

  • ジョージタウン

  • sightseeing in penang
    ジョージタウンでは、イギリスの植民地時代に建てられたコロニアル様式、モスクや中国寺院などさまざまな異国文化や建物を見ることができる。ペナン島で最も美しい寺院と言われている「邸公司」は、邸一族によって建てられ、石像のカラフルや彫刻や豪華な装飾が目をひく。ペナン島で最も古いヒンドゥー教の「スリ・マリアマン寺院」は、金や銀、宝石で装飾された女神像や、動物や神々の彫刻がされた彩色豊かな塔に圧巻されるだろう。ジョージタウンにある「セント・ジョージ教会」は、東南アジア最古のイギリスの教会であり、コロニアル様式で代表される建築物である。これらは、ペナン島でおすすめの観光名所である。

  • ガーニー・ドライブ

  • sightseeing in penang
    ガーニー・ドライブは、約100店舗もの屋台が立ち並ぶペナン島で最も大きい屋台街である。連日多くの観光客や地元の人々で賑わっている。 ガーニー・ドライブでは、ペナン島の名物である、エビの出汁を使ったエビ麺が堪能できる。すぐ近くにビーチがあり、夕日を眺めながら食事やショッピングができるのも、こちらの屋台の魅力である。屋台で食事をしたくなければ、近くのプラザ・カーニーやレストランで食事ができる。現地の屋台の雰囲気を楽しむのも、夜遊びを楽しむ方法のひとつだろう。

  • タンジュン・ブンガ

  • sightseeing in penang
    タンジュン・ブンガでは、朝市やパサ・マラムと呼ばれるナイトマーケットが開催されており、夜遊びするときには訪れたいおすすめの観光スポットである。タンジュン・ブンガは地元の人も利用する市場であり、食料品から日用品、衣料品やおもちゃなどいろんなものが売られており、見て歩くだけでも楽しむことができる。また、レストランや屋台も並ぶタンジュン・ブンガでは、買って食べ歩くのもよし、レストランでゆっくり食事をするのも良いだろう。あまり観光地化していないため、地元の人々の暮らしが見て取れる穴場スポットである。

  • ペナン博物館

  • sightseeing in penang
    ペナン博物館は、ペナン島の成り立ちや歴史、文化に触れることができる博物館である。当時の写真や資料、絵画や民族衣装などの展示がされており、プラカノン文化を垣間見ることができる名所である。華僑によって造られたこの文化は、中国の影響を受けていたことがわかる。また、第二次世界大戦中に日本軍が駐在していた資料や文書、紙幣などの展示を見ることもできる。ペナン島の歴史や文化に触れたいなら、ぜひ訪れてほしい観光名所である。

  • (Photo by Michael Coghlan)