サムスン美術館リウムの観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

サムスン美術館リウム (サムスンビジュツカンリウム)
삼성미술관 리움 (サムソンミスルグァン リウム)

2017/05/05 更新

Leeum, Samsung Museum of Art

概要

特徴

サムスン美術館リウムは2004年にオープンした美術館だ。韓国を代表する大企業であるサムスンが運営していて、その規模は国営の美術館や博物館をも凌ぐ程大きい。4500坪もの広大な延べ面積には実に1万5000点もの美術品が所蔵され、その中には36点の国宝も含まれている。

見どころ

サムスン美術館リウムは、MUSEUM1とMUSEUM2の2つの建物から構成されている。2つの建物のテーマは古美術と現代美術であり、それぞれを別の建築家が設計している。美術館の建物自体が展示テーマと合致したモチーフとなっているのも見事である。世界初となるPDAによるデジタルガイドが利用可能なのもサムスンらしい。作品や作者に関する情報へ簡単にアクセスできるので、背景をより深く理解できる。デジタルガイドを借りるには別途料金が必要だが、この美術館を存分に楽しみたいならぜひ利用しよう。

ソウル旅行者の必読記事

(Photo by Sali Sasaki m-louis .®)

人気記事

ソウルのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク