韓国の電圧・電源プラグ・度量衡

韓国の電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

データガイド

データガイド

チェック

韓国の電圧・電源プラグ

電源の変換プラグは必須だが、変圧器は必要でない場合もある

韓国の電圧は220Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。ただし最近のノートパソコンやスマートフォン(iphone等)、カメラのプラグや充電器には「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。普段使用している電化製品が240Vの電圧に対応しているのかどうか、事前に仕様をチェックしておこう。

電源プラグは日本のAタイプとは異なり、Cタイプ、SEタイプが主流。日本のプラグはそのままでは使えないので変換プラグを忘れないようにしよう。また、グローバルWi-Fiをレンタルした場合には、同時に行き先の国の変換プラグも貸し出してくれる事も多いので、あらかじめ確認しておこう。韓国以外の国への旅行も検討している場合には、複数のプラグの役割を果たすマルチ変換プラグをひとつ持っておくと心強い。

韓国の度量衡

日本と大きな変化はない

韓国の度量衡は日本と同じでメートル、ヘクタール、リットル、グラム等が常用されている。洋服に関しては目安となる胸囲と身長が記載されている場合が多いが、一度試着してから購入するのがお勧めだ。

編集部一押しの観光プラン

リピーター続出!明洞のエステで心も体もリラックス

  • 明洞ロイヤルエステ 丁寧な接客と大満足のコストパフォーマンス!リピーター人気No.1エステ

    あまりの気持ち良さと確かな効果に、韓国旅行のたびにリピートする人も多いという大人気のエステ。明洞の中心にあるのでアクセスも良く、全身から足つぼのみなど幅広いメニューが揃っているのも便利。洗練された内装も魅力だ。

    ➡ 詳細はこちら

  • ソウル旅行者の必読記事

    人気記事

    ソウルのホテル
    海外での防犯対策グッズ