韓国の電圧・電源プラグ・度量衡

韓国の電圧・電源プラグ・度量衡

2017/05/05 更新

データガイド

データガイド

チェック

韓国の電圧・電源プラグ

電源の変換プラグは必須だが、変圧器は必要でない場合もある

韓国の電圧は220Vで周波数は50Hzとなっており、日本の100Vの電化製品をそのまま使うと故障や事故の原因になる。ただし最近のノートパソコンやスマートフォン(iphone等)、カメラのプラグや充電器には「電圧100V-240V」、「50Hz-60Hz」等と記載されているものもあるので、必ずしも変圧器が必要とは限らない。普段使用している電化製品が240Vの電圧に対応しているのかどうか、事前に仕様をチェックしておこう。

電源プラグは日本のAタイプとは異なり、Cタイプ、SEタイプが主流。日本のプラグはそのままでは使えないので変換プラグを忘れないようにしよう。また、グローバルWi-Fiをレンタルした場合には、同時に行き先の国の変換プラグも貸し出してくれる事も多いので、あらかじめ確認しておこう。韓国以外の国への旅行も検討している場合には、複数のプラグの役割を果たすマルチ変換プラグをひとつ持っておくと心強い。

韓国の度量衡

日本と大きな変化はない

韓国の度量衡は日本と同じでメートル、ヘクタール、リットル、グラム等が常用されている。洋服に関しては目安となる胸囲と身長が記載されている場合が多いが、一度試着してから購入するのがお勧めだ。

編集部一押しの観光プラン

ゆったり2泊3日悠々自適釜山ツアー

  • 釜山(プサン)3日間 39,800円-

    成田を午前中に出発し、お昼頃に釜山に到着する2泊3日のツアー。復路も夕方に成田に着くため、行動時間に無理のないゆったりとした旅程が魅力的。現地での観光時間も十分取ることができる。また、JALを利用するため、LCCは不安……という人でも安心だ。
    ➡ 詳細はこちら
  • ➡ その他の釜山ツアーはこちら

    釜山旅行者の必読記事

    人気記事

    釜山のホテル
    【釜山のホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介
    飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選
    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行中のあらゆる盗難を防止する究極の防犯グッズ特集