深センの名物料理5選!お勧めグルメ旅

Famous food in Shenzhen

2017/10/10 更新

深センは、高層ビルが立ち並び、経済の急成長を遂げるエネルギッシュな都市だ。そんな経済都市だけあり、中国各地からの出稼ぎの人や移住者が多く、北京料理や四川料理、潮州料理と、様々な中華料理を楽しむことができる。そんな各地から人が集まる深センは「深センに来たら深セン人」という言葉があるほど、市外から来た人にもウェルカムな都市でもある。広東省の深センでは広東料理も大変有名で、美味しい飲茶がいたる場所で楽しめる。香港と隣接していることから香港料理も味わえ、中華料理の食文化を丸ごと味わえると言って過言ではない都市である。

酢豚(咕老肉)

  • Famous food in Shenzhen
    日本でも有名な酢豚は、広東料理の代表的な料理の1つだ。酢豚は豚肉と野菜を素揚げし、甘酢餡で絡めた料理である。本場の中華でも甘みを引き出し、肉を柔らかくするためにパイナップルを使用するのが一般的だ。カラリと揚がった肉の香ばしさと、フレッシュな果物の酸味をぜひ味わってもらいたい。黒酢を使用する店、リンゴやサクランボなど変わった果物を使用する店、肉だけを使用する店、肉と果物だけ使用する店など、店によって様々なこだわりがあり、その味付けも多種多様だ。色々な店を食べ比べ、自分好みの味を見つけるのも楽しいかも知れない。

  • 鳩の丸焼き(烧乳鸽)

  • Famous food in Shenzhen
    日本人は少しギョッとしてしまう見た目のこの料理。しかし中国で鳩は一般的に使われる食材で、特にオススメなのがこの料理である。皮はパリっと焼かれており、肉はさっぱりとしていて、それでいてジューシーな味だ。例えるならヘルシーな鶏の肉といったイメージである。この鳩の丸焼きの最大の魅力は、頭である。なんと、この頭、そのままガブリと食べられてしまうのだ。勇気を出してかぶりついてみると、噛み応えのある骨の下からトロリとレバーのような脳の味わいが広がり、何とも言えない独特の風味が味わえる。これぞ鳩を食べた!という実感がわく瞬間でもあるので、旅の記念に勇気を出して食べてみてはどうだろうか。

  • 腸粉(腸粉)

  • Famous food in Shenzhen
    深センは香港から近く、香港よりも安くて美味しい点心が食べられる所としても有名だ。そして、その点心の中でも、日本ではあまり見かけない腸粉(ちょうふん)はぜひ食べておきたい料理である。腸粉は、平たく伸ばした米粉の皮に具材を入れて蒸した料理だ。中の餡には、豚肉や焼き豚、エビが使われることが多い。皮はつるんとした舌触りで、噛むともちっとしている。蒸されることで旨味がギュッと詰まった餡もかなり美味しい。サクップリッパリッと、中に入れる具材によって、その触感も楽しい料理でもある。そこに少し甘みがある醤油ベースのタレがかかっており、つるつると何個でも食べてしまう美味しさだ。

  • 豚肉の角煮(東坡肉)

  • Famous food in Shenzhen
    日本の角煮の原型になったと言われるのがこの料理。その名前は、中国の詩人・蘇東坡からとったと言われている。茹でた豚肉を醤油や砂糖、酒で煮込むところは角煮と同じだが、皮のついた肉であること、水を加えず、紹興酒だけで煮込むところ、香辛料として八角を使うところがこの料理の最大の特徴と言える。1人分ずつを壺に入れて煮込む調理方法もある。食べる時はぜひガブリと大きな口で頂いて欲しい。そうすると、口の中でじっくりと煮込まれた豚の脂身がトロリととろけ、旨い煮汁を十分に吸った肉の部分がホロホロとほどけていく味わいを、十分に堪能することができるだろう。

  • 蟹の辛み炒め(辣椒蟹)

  • Famous food in Shenzhen
    店によっては、生きた蟹を自分で選び、好きな大きさの物を調理してもらえる。大きさによって値段が違うので、注意しよう。また、そういった店では、蟹と一緒に入れる野菜も選ぶことができる。野菜は意外と縮むので、少し多めに頼むのが良い。蟹と野菜、ニンニクと唐辛子、ケチャップやラー油などを使って調理をする。酸味と辛みが絶妙にマッチした蟹は、身がぎっしりとつまっていて、辛さにヒーヒー言いながらも止まらない美味しさである。蟹の旨味を存分に吸い込んだ野菜もかなり美味しく、どんどん食べられてしまう味だ。

  • (Photo by SSDPenguinLusheeta Alpha ClaudiaWooCHEN megawatts86)