酔白池の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

酔白池 (スイハクイケ)
醉白池 (ズイバイチー)

2017/05/05 更新

基本情報

住所

松江区人民南路64号

メトロ9号線酔白池駅3号出口より徒歩2分

料金

12元

営業時間

7:00-16:30

休業日

年中無休

HP

-

Garden Zuibaichi
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

Garden Zuibaichi

上海南西の松江区に位置する庭園で、豫園、古猗園、秋霞圃、曲水園と共に「上海五大古典園林」とされている。酔白池のある場所は、もともと宋代の役人の朱之純によって建てられた私邸「谷陽園」であった。その後、清の時代に顧大甲という人物が現在のような庭園を造園。唐代の詩人の白居易(白楽天)のように、酒を飲みつつ詩作にふける生活に憧れて作ったそうだ。

「酔白池」という名前の由来は、同様に白居易の生活に憧れた宋の韓埼が、「酔白堂」を建てた故事から来ているのではないかと言われている。1797年には育嬰堂(親のいない子供の養育所)となるが、1959年に再び庭園に戻された。

見どころ

庭園には四面庁、楽天軒、疑舫、雲海堂、宝城楼、池上草堂等の建築物が建てられている。これらの建築物と、山石、池、回廊、曲がりくねった小道を配置した庭は、明や清の時代の「江南様式」に則って造られたもの。回廊の周りには季節ごとに梅、ツツジ、藤、蓮、紫陽花等の花が咲き乱れ、訪れる人の目を楽しませている。美しい花が咲き乱れる庭園をのんびりと散策してみたい。

編集部一押しの観光プラン

大迫力の上海雑伎は老若男女問わず目が釘付けに!

上海旅行者の必読記事

(Photo by Carsten Ullrich Carsten Ullrich)

アクセス・入場

酔白池へのアクセス

メトロ9号線酔白池駅3号出口より徒歩2分。

プラン相談

どんな上海旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「3万円以内で上海旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

上海のホテル
海外での防犯対策グッズ