上海川沙公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

上海川沙公園 (シャンハイセンシャコウエン)
上海川沙公园 (シャンハイ チュアンシャー ゴンユェン)

2017/05/05 更新

Chuansha Park

概要

特徴

Chuansha Park

上海の川沙駅付近にある、広さ約5.3ヘクタールの公園。地元の人々の憩いの場となっている。卓上ゲームをする人、カラオケをする人、ダンスをする人々、遊びまわる子供たち、それを見守る母親たち等、朝から地元の人々で賑わう。

江南古典式の昔ながらの公園で、西側には清波湖と言う池がある。また、池のほとりに建っている「鶴鳴楼」という塔が公園のシンボルとなっている。公園内では他にも、池でボートに乗ったり、隣接している小さな遊園地で遊ぶことができる。

鶴鳴楼

鶴鳴楼の塔の高さは54メートルあり、5塔7層、鉄筋コンクリート造り。1991年に着工し、1993年に完成した。宗教的な建物ではなく、展望台として建てられたものである。最上階まで上って、公園や川沙の町並みを眺められる。

編集部一押しの観光プラン

大迫力の上海雑伎は老若男女問わず目が釘付けに!

上海旅行者の必読記事

(Photo by Micah Sittig Micah Sittig)

人気記事

上海のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク