内山書店旧址の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

内山書店旧址 (ウチヤマショテンキュウシ)
内山书店旧址 (ネイシャン シューディエンジウジー)

2017/05/15 更新

基本情報

住所

虹口区四川北路2050号

メトロ3号線虹口足球場駅3号出口より徒歩20分

料金

無料

営業時間

9:30-15:30

休業日

土曜、日曜、祝日

HP

-

Uchiyama_Bookstore
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

かつて内山完造が妻の美喜と共に内山書店を開いた場所。現在は中国工商銀行となっているが、銀行2階には展示館が設けられている。多くの文化人や知識人を助け、日中の文化交流に貢献した内山完造と内山書店について、当時の写真や資料を用いて解説している。魯迅が和服姿で寛ぐ写真もあり、内山完造と魯迅の親交の深さが伺い知れる。日本語での解説もあり。

人物

内山完造は28歳の時上海へ渡り、1917年に妻と共に北四川路魏盛里に小さな書店を開いた人物。これが内山書店の始まりであった。その後、日本の文化人や中国の知識人が集まるようになり、書店は文化人サロンとして発展を遂げる。内山は書店を営業する傍ら中国の作家である魯迅と親交を深め、金子光晴、林芙美子、横光利一、武者小路実篤ら日本の文化人に会わせる等日中の文化交流に貢献した。

1929年に現在中国工商銀行がある場所へ店を移転させ、1945年まで営業を続けた。1930年代から日中関係が悪化すると、内山は両国からスパイ容疑をかけられた魯迅をかくまった。また、郭沫若(中国の政治家、文学家、詩人、歴史家)の日本への亡命を助けたのも彼であった。

編集部一押しの観光プラン

大迫力の上海雑伎は老若男女問わず目が釘付けに!

上海旅行者の必読記事

(Photo by Legolas1024 )

アクセス・入場

内山書店旧址へのアクセス

メトロ3号線虹口足球場駅3号出口より徒歩20分。

プラン相談

どんな上海旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「3万円以内で上海旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

上海のホテル
海外での防犯対策グッズ