外灘信号台の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

外灘信号台 (ガイタンシンゴウダイ)
气象信号台 (チーシャン シンハオタイ)

2017/05/15 更新

基本情報

住所

中山東二路1号甲

メトロ2号、10号線南京東路駅より徒歩約15分

料金

無料

営業時間

店舗により異なる

休業日

年中無休

HP

-

Gutzlaff Signal Tower
データガイド
アクセス・入場
プラン相談

データガイド

概要

特徴

上海の歴史的建造物が並ぶ外灘の最南端に位置する、かつて信号台として使用された建物。「気象信号台」、「気象信号塔」、「外灘天文台」、「外灘灯台」とも呼ばれる。

1879年に上海を台風が襲い、黄浦江を航行する船舶に甚大な被害が出た為、1883年にフランス租界と英国租界が協力し、信号塔を設置。当時は風向計、風速計を備え、「徐家匯天文台」から受け取った気象情報を1日5回、旗や気球で船舶に伝えていた。また、天候が悪化する際には警報を鳴らす役目も担っていた。

ラジオや電話などの通信手段の発達により、1956年に信号台としての役目を終えた。しかし、その歴史的意義の大きさから、現在も歴史的建造物として保存されている。1993年に総合再開発工事の為、黄浦江に向かって22.4メートル移築された。

構造

円形の塔は36.8メートル、その上の旗竿の部分も含めると、50メートル程の高さがある。塔以外の部分は2階建てで、建築様式はアールヌーボー様式。応接室や執務室として利用されていた。現在、建物部分に歴史陳列室や喫茶店などがあり、一般に無料開放されている。

編集部一押しの観光プラン

大迫力の上海雑伎は老若男女問わず目が釘付けに!

上海旅行者の必読記事

(Photo by Legolas1024)

アクセス・入場

外灘信号台へのアクセス


メトロ2号、10号線南京東路駅より徒歩約15分。

プラン相談

どんな上海旅行がしたいのか相談してみよう

「中心地の高評価ホテルに泊まりたい」
「最高のサプライズがしたい」
「3万円以内で上海旅行をしたい」
123か国の旅行をご提供する旅工房とHowTravelがコラボ!
エリアに詳しいコンシェルジュに理想の旅プランを探してもらおう!最短90分で回答が届きます。(相談無料)
※旅工房は2017年4月に東証マザーズへ上場しました
➡詳しくはこちら

人気記事

上海のホテル
海外での防犯対策グッズ