シェムリアップ旅行のおすすめ観光スポット5選!

sightseeing in siem riep

2017/10/10 更新

カンボジア観光の目玉といえば何といってもこのシェムリアップの「アンコールワット」だが、そのほかにもこの魅力ある都市には訪れるべき名所がたくさんある。また世界中からの観光旅行客のために、高級感あふれる一流ホテルがしのぎを削り、世界各国のグルメがそろい、街の治安維持には総力挙げたセキュリティを誇っている。アンコールワットをはじめとしたカンボジアの歴史、芸術を堪能できるスポットを回った後は、カンボジア、シェムリアップならではのグルメ、ショッピングもチェックしておきたい。数ある人気スポットの中でもおすすめはこちら。

ラッキーモール

  • sightseeing in siem riep
    カンボジア旅行で困るのがお土産選び、という声は多く聞かれる。確かにカンボジアと結びつく食べ物や手工芸品はあまり思いつかない。こんな時強い味方になってくれるのがスーパーマーケットだ。ここシェムリアップ最大のスーパーマーケットが「ラッキーモール」なら、あまり市内のマーケットでは見つからないおしゃれなパッケージのスイーツやお茶、ドライフルーツなどがそろっている。職場でのバラマキ用など無難なお土産を買うならぜひおすすめだ。

  • ナイトマーケット

  • sightseeing in siem riep
    アジアの風物詩の一つないとマーケットはここシェムリアップにもある。まだ明るいうちから少しずつ店開きが始まる「アンコール・ナイトマーケット」がそれだ。夜のみの営業、観光客向けとあって、5分ほど離れた場所にあるオールドマーケットよりは割高だが、食べ物の屋台が多く出ていて、英語も通じやすいので食事目的で出かける人も多いようだ。また、マッサージ屋も多く出ていて値段も安いので昼間の疲れを取るにも最適なのでおすすめ。

  • パブストリート

  • sightseeing in siem riep
    シェムリアップのナイトライフの舞台といえば「パブストリート」。夜遅くまで世界各国の観光客たちでにぎわうこの通りは、クラブやバー、レストランがたくさん並び、食事をするにもうってつけの場所になる。観光客の保護のため治安もよいため家族連れでも気軽に足を運べるので安心。マッサージ店や土産店も多数並んでおり、ショッピングも楽しめる。シェムリアップの夜のそぞろ歩きにはナイトマーケットと並んでおすすめできるエリアだ。

  • プリヤ・カーン

  • sightseeing in siem riep
    アンジェリーナ・ジョリー主演映画「トゥーム・レイダー」のロケ地としても有名な「プリヤ・カーン」は、アンコールワットと並んで観光客に人気の高い寺院だ。アンコール・トムからもそれほど遠くないので観光しやすい。仏教とヒンズー教の仏教文化がミックスされた独特の雰囲気と、巧みに遠近法を使った建築様式が神秘的で魅力的なスポット。かつてこの遺跡内で剣が発見されたことに由来して名は「聖なる剣」を意味するこの名前がついたといわれている。

  • アンコールワット

  • sightseeing in siem riep
    いわずと知れたシェムリアップ、いやカンボジア観光の目玉である「アンコールワット」。このアジア随一の世界遺産を訪れなければカンボジアに行ったとはいえない。おすすめは何といっても朝日に照らされた寺院を見ること。大勢の観光客が一瞬言葉を失うほど神秘的な雰囲気を感じることができる。また、相当の距離を歩くことになる上に、日中は相当暑くなるため、朝早くから行動するのがベター。また、かなり広範囲に遺跡が広がっているため、できれば一日といわず数日かけての見学をおすすめしたい。

  • (Photo by mendhakMichael Coghlan mikecogh hslo Clay Gilliland Jos Dielis)