スポンサーリンク

オーストラリアの通貨・両替・免税、チップの慣習、両替所の場所や営業時間

オーストラリアの通貨・両替・免税

2016/11/05 更新

sydney-currency
  • データガイド

ポイント

【通貨】

• 通貨の種類

オーストラリアの通貨はドル(AUD)。
紙幣は、AUD100、AUD50、AUD20、AUD10、AUD5の5種類。
コインは AUD2、AUD1、¢50、¢20、¢10、¢5、¢2、¢1の8種類。

• チップの習慣

オーストラリアでは以前まではチップの習慣はなかったが、現在は色々な場面でチップを渡す習慣が一般的だ。
空港やホテルのポーターに、ホテルのスタッフに特別なサービスを受けた場合、AUD1-AUD2程度。
タクシーを利用した場合、料金の10%程度。
レストランで食事をした場合、料金の10%-15%程度。

①【両替】

• 両替の場所、おおまかな営業時間と注意点

両替所、空港、ホテル、銀行で両替できる。

銀行は月曜-木曜9:00-16:00、金曜9:00-17:00、土曜日曜祝日は休みのところが多いが、銀行によっても支店によっても営業時間は異なるため、急ぎの場合はチェックしてみよう。

両替レートは、街の両替所が良いが店によって異なるので確認が必要だ。

両替時には身分証明としてパスポートを見せる必要があるので、携帯しておくこと。

②【免税】

• 免税を受ける方法(金額)
オーストラリアのGST(消費税)は10%。
内税で商品の価格に含まれている。
ワイン同等課税29%だ。
オーストラリアでショッピングをしたら、確実に免税手続きを取りたいところだ。

免税を受けるには、同一店舗でAUD300以上を買い物をすることが前提だ。
ただし、同一店舗で別の日に購入したが、合計の購入金額AUD300以上となった場合、2回分のレシートをまとめてお店に提示すれば免税書類を1枚作成してもらうことが可能だ。
出国前30日に購入した、未開封・未消費の商品のみが対象。

• 免税を受ける方法(手続き)

①品物の購入時に、レジでGSTの払い戻しをしたいので、「TAX INVOICE」をくださいと店員に伝える。

②購入金額の合計がAUD1000を超える場合、購入者の名前と住所も記載する。

空港の「TRSブース」」で申請の手続きを行う。

出国審査を受けた後、飛行機の出発30分前までに「TRSブース」にて、免税対象の品物を機内持ち込み手荷物として係官に見せる。
ワイン等の液体、化粧品のジェルなどは、機内預入荷物で預けても良い。
その際は、税関係員に前もって確認が必要だ。

クレジットカード、小切手、オーストラリアの銀行口座への振り込みでの払い戻しが可能だ。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ