スポンサーリンク

シドニーのバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

シドニーのバス

2016/11/05 更新

sydney bus
  • データガイド

スポンサーリンク

路線説明

シドニーのバスは、1700台以上ものバスが走行しており、路線数も300路線以上があり、シドニー市内を網羅している。
シドニーのバスは、ニューサウスウェールズ州が運営しており、早朝から深夜まで走行している。
中には24時間運行している路線もある。

バスは、電車が走っていない場所も走行しているため、ちょっとした移動や郊外へも便利な交通機関である。
ただ、路線数が非常に多いため、地元の人々にとっては利用しやすいが、観光客にとっては、乗り慣れるまで容易ではないだろう。

バスのルート番号は、3ケタの数字またはローマ字と数字の組み合わせで表される。
エクスプレスバスの場合、数字の前に「X」が付き、リミテッドストップバスは、「L」の文字が付く。

シドニーのバスの料金体系は、区間によって区分されており、乗車駅から目的地までの距離によって決まる。
乗車前にルート図で料金を確認するか、乗車時に運転手に行き先を告げて聞くと教えてくれる。

バスの乗車券には、1回券のほか、10回分の乗車券がついた回数券、1日乗車券などがある。

路線図HP
http://www.sydneybuses.info/

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■シングル:片道切符。
セクション1-2:AUD2.4。セクション:3-5:AUD3.8。
セクション6以上:AUD4.7

■トラベルテン:10回分の回数券。
セクション1-2:AUD19.2。セクション:3-5:AUD30.4。
セクション6以上:AUD37.6。

■マイマルチカード:バス・電車・フェリーで利用可能な1日券。AUD24.0。

乗車券の購入場所

■乗車時に運転手より購入。

■トラベルテンは、街のニュースエージェンシー、コンビニなどチケット売り
場のマークが表示されている店で購入可能。

乗り方

syd_bus

①確認する
バス停に到着したら、目的地に向かうバスの番号・ルート・セクション数などをルート図で確認しておく。

②乗る意思表示をする
目的地に向かうバスが近づいてきたら、手を挙げて乗ることが運転手にわかるように合図する。

③乗車する
バスに乗車したら、運転手に行き先を告げて料金を払う。
トラベルテンやマイマルチカードなどを利用する場合は、乗車口付近にある緑色の読取り機にチケットを入れる。
料金を払ったら座席に座る。

降り方

syd_bus

バスの車内には、次の停車駅を知らせる車内アナウンスはない。
そのため、目的地の駅に到着したかどうかがわかりづらい。
市内地図やルート地図を見ながら現在位置を確認して、乗車するとよいだろう。

また、運転手にあらかじめ行き先を告げ、停留所に近づいたら教えてもらうように、声をかけておくとよいだろう。
目的地の停留所に近づいたらブザーを押して、降りることを意思表示する。
停留所に到着したら、前のドアか後ろのドアから降りる。

その他注意点

■優先座席
入口付近にあるシートの色が異なる座席は、優先座席である。
オーストラリアでは、お年寄りやからだの不自由な人に席を譲る習慣があるため、乗車してきたら優先座席でなくても、席を譲るようにするとよいだろう。

■突然現れる検札官
バスの車内では毎回検札があるわけではないが、突然インスペクターが乗ってきて、キセルチェックを行うことがある。
その場合は慌てず、乗車時に支払ったレシートまたは、チケットを見せればよい。
1日乗車券や回数券は、必ず乗車時に読取り機に通して、日時や路線番号を刻印しておく必要がある。

(Photo by Kim Charlie Brewer James)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ