スポンサーリンク

セント・ジェームズ・パークの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

セント・ジェームズ・パーク
St. James's Park

2017/05/05 更新

St. James's Park

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

市内では最も古い王立公園

St. James's Park

壮麗なバッキンガム宮殿を望む公園「セント・ジェームズ・パーク」。
ロンドン市内の中心部にあり、王立公園の中でも歴史が古い公園である。
1536年にヘンリー8世が、観賞用に沼を干拓させたのが始まりとされており、壮麗なバッキンガム宮殿を建造した建築家により、英国風の庭園に造られている。
人工池や、季節の花々が咲き誇り、木々や小道などが整備されている美しい公園だ。
人工池には、ペリカンや愛くるしい水鳥たちが優雅に泳いでいる姿も見られる。

まるでイギリスの田舎を訪れたように感じさせるような穏やかな時間を過ごせるだろう。
ロンドン市内観光には欠かせないスポットになっている。

見どころ

①優雅に泳ぐ愛くるしい水鳥

St. James Park

セント・ジェームズ・パークには、水鳥やペリカンをはじめ、リスや、キツツキ、フクロウなど多くの生き物が生息している。
ペリカンは、ロシア大使から贈られてきたものが繁殖して増えたものだ。
水鳥やペリカンは人懐っこく、のんびりベンチで過ごしている人のエサをねだりに来るほど。

公園内には、キツツキ、フクロウ、コマドリを保護するエリアもあり、野鳥を観察するために訪れる人も多い。
観光の合間の休憩にちょっと立ち寄って、美しい景色とかわいい動物たちに癒されてみてはいかがだろうか。

②公園内で穏やかなランチ

St. James Park

セント・ジェームズ・パーク内には、「Inn The Park」という人気レストランがある。
美しい公園の景色を楽しんだ後は、ランチを楽しむのがおススメだ。
サンドイッチ、ベーコンエッグ、ハンバーガーなどの英国料理を楽しむことができるお店で、店内はセルフ形式なので、テイクアウトして公園内でいただくことも可能。

公園が早朝から開いていることもあり、サンドイッチ持参で湖を見ながら朝食を楽しんでいる人も見られる。

美しい公園を散歩した後は、ランチやブレックファーストを楽しむのが、セント・ジェームズ・パークの楽しみ方なのである。

ロンドン旅行者の必読記事

(Photo by MrT HK Garry KnightGarry Knight)

人気記事

ザ ゴーリングの中庭
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク