ウィズリー・ガーデンの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ウィズリー・ガーデン
RHS Garden

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/07/slick_RHS-Garden-Wisley-1080x717.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

英国のロイヤルガーデン

RHS Garden, Wisley

ウィズリー・ガーデンはロンドンにあるエリザベス女王総裁の英国王立園芸協会(RHS)が運営する庭園である。

1804年に創立したウィズリー・ガーデンは、ガーデニング文化の根強い英国で長く愛され続け、英国はもちろん世界的な庭園作りのモデルとなっている庭園である。

約97万平方メートルもの広大な敷地に、128メートルにも続く芝生と花壇のミックスボーダーをはじめ、ローズガーデン、ハーブガーデン、ロックガーデン、ワイルドガーデンなど約24の様々なスタイルのガーデニング様式の庭園を楽しむことができる。
どの庭園もそれぞれこだわりのガーデンニング手法が施されており、季節によって変わる花々の色合いやデザインをみると庭園の素晴らしさと奥の深さを感じることができる。
ガーデン内にはカフェやレストランもあり、美しい庭園を眺めながらゆっくり食事をすることもできる。
四季折々で美しい花や庭園のデザインも変わってくるので何度訪れても飽きない。
ブリティッシュガーデンを最大限に楽しめる場所である。

見どころ

季節の花が咲き乱れるミックスボーダー

ウィズリー・ガーデンの最大の見どころというならば、やはり入り口はいってすぐに広がる芝生と花壇のミックスボーダーである。
幅6メートルの芝生が128メートルも続くミックスボーダーを見れば、ウィズリー・ガーデンのスケールの大きさを入ってすぐに感じることができる。
両脇の花壇は宿根草と灌木の組み合わせの美しいボーダー模様が続く。
このミックスボーダーは7月-8月頃が見頃である。
綺麗に刈りそろえられた芝生と花壇のボーダーの美しい色合いは、季節ごとに表情を変え、ウィズリー・ガーデンの名物となっている。

ロンドン旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
ザ ゴーリングの中庭
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク