ケンジントン・ガーデンズの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ケンジントン・ガーデンズ
Kensington Gardens

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/07/slick_Kensington-Gardens-1080x720.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

庭園のように整備された王立公園

Kensington Gardens

ケンジントン・ガーデンズは、ウェストミンスター地区とケンジントン地区にまたがる王立公園だ。
ロンドンは広い公園の多い都市として知られているが、このケンジントン・ガーデンズも例外ではなく、275エーカーもの敷地を持っている。
どちらかといえばこちらは、自然公園というよりも庭園といった面持ちのスポットだ。

ほかの公園と同じように、ケンジントン・ガーデンズも市民の憩いの場として親しまれているので、ゆったりとした時間を過ごせるはずだ。
特に春から夏にかけては色とりどりの花が咲き誇るため、ピクニックやジョギングを楽しむ人々で溢れることとなる。

敷地内には、有名なケンジントン宮殿もあるので、訪れた際には合わせて立ち寄るとよいだろう。

なお、すぐ東側にはロンドン随一の公園であるハイド・パークもある。
隣接しているためこちらもハイド・パークの一部だと解釈されることもあるが、公的にはあくまでも別々の公園なので、観光の際には混乱しないようにしよう。

見どころ

「オランジェリー」で優雅なティータイム

Kensington Gardens

さすが紅茶の国イギリスというべきか、ロンドンの公園では、園内に人気のカフェがあるというケースもめずらしくない。

ここケンジントン・ガーデンズにも、特に有名なティールーム「オランジェリー」がある。
赤レンガ造りの外観をもつオランジェリーは眺めるだけでも美しいが、その由緒も負けないくらいに優雅だ。
なにせこちらは、もともとは18世紀にアン女王がオレンジを育てるための温室として作らせたものなのだ。

そんな歴史ある建物のなかでゆったりと紅茶を楽しむのは、まさしく至福の時間といえる。
また、高級感漂うスポットでありながら、紅茶の値段が£15程度とリーズナブルなのも嬉しい。

ロンドン旅行者の必読記事

(Photo by stu smith)

人気記事

外貨両替窓口
ザ ゴーリングの中庭
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク