スポンサーリンク

カートゥーン博物館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

カートゥーン博物館
The Cartoon Museum

2016/08/04 更新

The Cartoon Museum

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ロンドンきってのアニメーションミュージアム

The Cartoon Museum

大英博物館の近くのロンドン中心部にあるカートゥーン博物館は、1988年に漫画化やアニメ愛好家のグループによって発案され、イギリスでも珍しい漫画やアニメーションを発展、支援する目的で2006年2月に創設された。

展示内容は、過去から現代にいたるまでのイギリス漫画やアニメをはじめ、世界中の著名な漫画家やアニメーターの作品を展示している。
スヌーピーの作者チャールズシュルツの作品や、ディズニーの作品、また日本の手塚治や宮崎駿なども記録されており。アニメ界における日本の影響力をロンドンで感じることのできる貴重な場所である。

カートゥーン博物館のコレクションは6000以上にものぼり、中でも風刺画は興味深いものが多く、絵で描くからこそのメッセージをくみ取ることができ見応えがある。

見どころ

ポップなタッチで描かれる風刺画

The Cartoon Museum

カトゥーン博物館では、イギリス漫画やアニメメーションならではのポップでちょっぴり皮肉な絵を沢山みることができる。

中でも風刺画は、興味深いものが多くイギリスの風刺画家として18世紀後半から19世紀にかけて活躍したジェイムズ・ギルレーの作品をはじめ、ポップでありつつ露骨に表現された風刺画は、どれも考えさせられるものがあり、また風刺画ならではの表現に関心せざるを得ない。
中にはイギリス初の女性首相となったマーガレット・サッチャーを描いた風刺画などもみられ、イギリスならではのユーモアを感じられる作品もある。
また戦争や社会問題を表す漫画やアニメ、風刺画は我々に親しみやすい絵で表現するからこそのリアルな訴えを感じることができ、考えさせられるものがある。

カートゥーン博物館の危険対策


(Photo by Loz Pycock Loz PycockBoston Public Library)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク