スポンサーリンク

シェイクスピアの生家の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

シェイクスピアの生家
Shakespeare's Birthplace

2017/05/05 更新

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

世界で最も偉大な文豪の生家

Shakespeares Birthplace

ウィリアム・シェイクスピアといえば、イギリスのみならず世界でも最も偉大な文豪だ。
英文学を学べば必ず彼の作品には触れるし、演劇や文学に一切興味のない人であってもシェイクスピアの名前を一度も耳にしたことがないという人はまずいないだろう。

そんなシェイクスピアが生まれ育ったのは、イングランド中部にあるストラトフォード・アポン・エイヴォンという街だった。
彼がこの地に誕生してからは450年以上が経過しているが、その生家は現在も保存されており、世界中から観光客を集める人気スポットとなっている。

生家の内部のうち、約半分は当時の家財に彩られたスペースで、もう半分はシェイクスピア本人に関する展示スペースだ。
中世イギリスの雰囲気を肌で感じながら彼の生涯に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

ちなみに、2kmほど離れたショッテリー村には妻アン・ハサウェイの生家も残っているので、熱心なファンならば合わせて見学するもよいだろう。

見どころ

文豪を育てた仕事場

ストラトフォード・アポン・エイヴォンで有名なのはシェイクスピアだけではない。
シェイクスピアの父も、かつてはこの町の町長を務めたこともある地元の名士だった。

ただし、父は根っからの政治家だったわけではない。
シェイクスピアの父は、もともとは皮革製品をあつかう職人だったのだ。
そのため、シェイクスピアの生家には父の仕事場が残されている。
けっして現代的に洗練されているわけではないのに、生活感漂うその仕事場にも中世イギリスらしいスタイリッシュさで溢れている。

この仕事場が歴史的文豪を育んだのだと考えると、部屋中に置かれた皮の切れ端も特別なものに見えてくるだろう。

ロンドンの危険対策

人気記事

ザ ゴーリングの中庭
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク