スポンサーリンク

ロンドン・アイの料金、アクセス・行き方、営業時間等の観光情報

ロンドン・アイ
London Eye

2016/09/29 更新


London Eye
  • データガイド

  • アクセス

スポンサーリンク

概要

特徴

London Eye

ロンドンの名所のひとつであるロンドン・アイは、英国一のスケールを誇る大観覧車である。客を乗せるカプセルの数は32個で、ひとつのカプセルに25人も乗ることができるのは驚きである。ロンドンを360度見渡せる絶景が魅力で、天気の良い日には40キロも遠くまで見渡せる。

また、ロンドン・アイはサウスバンクというロンドンでも人気の高観光エリアに含まれている。周辺には、ビッグベン、ロンドン水族館、セントポール大聖堂などの人気スポットが集まっているので、名所巡りの拠点としてもお勧めだ。

歴史

1999年末にオープンしたが、搭乗することができるようになったのは2000年になってからと、比較的新しい観光スポットと言える。オープン当初は世界一の大観覧車で、ギネスブックにも世界一の観覧車として認定されたこともある。

チェック

①展望

London Eye
ロンドンの名所が一望

高さ135メートルもあるロンドン・アイからは、ロンドンの美しい景色を見渡すことができる。乗車時間は約30分間。どんどん移り変わって行く景色は、搭乗者を飽きさせない。人気が高いのは夜。観覧車から眺めるロンドンの煌めく夜景は、見る者を虜にしている。

スポンサーリンク

②チケットの種類

ロンドン・アイでシャンパンを嗜むご夫婦
搭乗を盛り上げるさまざまなコースを用意

ロンドン・アイの楽しみは、ただ乗り込んで景色を眺めるだけではない。チケットカウンターに並ぶ時間を省略できるファストトラックチケットを始め、シャンパンを飲みながら搭乗できるチケットや、高級チョコレートのテイスティングをしながら搭乗できるチケット等も用意されており、気分を盛り上げる工夫が盛りだくさん。その他昼と夜に1回ずつ搭乗できるデイ&ナイトチケットは、日中の景色と夜景の両方が楽しめるお得なチケットだ。一緒に乗り込む相手や目的に合わせたチケットを手に入れよう。予約は公式ホームページから可能だ。

③周辺施設

London Eye
ロンドンでも人気が高い観光エリア

ロンドン・アイはテムズ川の南側の川岸の観光エリア「サウス・バンク」に属している。ロンドン水族館や庭園史博物館テート・モダン、ナイチンゲール博物館、映画館「BFI IMAX」等、多くの観光スポットが集中しており、向こう岸にはビッグベンや、ウェストミンスター宮殿もある。短期間でロンドンを満喫するなら必ず訪れたいエリアだ。

(Photo by Andrew Bone )

スポンサーリンク

ロンドン・アイへのアクセス

地下鉄Bakerloo線、Northern線、Jubilee線、Waterloo & City線Waterloo駅を出て徒歩5分程。Charing Cross駅はBakerloo線とNorthern線の2本のラインが出ているので便利だ。

ロンドン・アイの周辺には、他にも楽しい観光スポットがあるのでお勧め。

ロンドン・アイへの入場方法

チケットの購入

ロンドン・アイの搭乗チケットはチケットカウンターで購入できる。昼を過ぎるとチケットカウンターは長蛇の列になり、1時間以上並ばなければならない事も。スムーズに乗車するにはオープン前から待機しておくのがお勧めだ。また、やや割高になるが行列を回避できるファストトラックチケットも存在する。観光の計画と照らし合わせて無理のない範囲で選択しよう。

なお、一般のチケットもファストトラックチケットも、公式ホームページから事前予約が可能。待ち時間を極力減らし、時間を有効に使おう。

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット