スポンサーリンク

ロンドン・ガトウィック空港と市内へのアクセス

ロンドン・ガトウィック空港と市内へのアクセス

2016/12/01 更新


Gatwick Airport
  • データガイド

スポンサーリンク

概要

特徴

ガトウィック空港内の免税店コーナー

ロンドンの中心地から南に45キロメートルほどの所に位置する空港で、90以上の国、200以上の都市とロンドンとを結んでいる。ヒースロー空港に次いでイギリスで2番目に大きな空港で、滑走路1本だけの空港ながら、利用者数は年間3500万人にのぼる。

ガトウィックという名前は、13世紀から19世紀までこの土地にあった荘園に由来するもので、その土地は1890年からは競馬場として利用されていた。その後、飛行機に作りかえられたという歴史があり、1933年にガトウィック空港からの商業飛行が正式に認可された。

北と南2つのターミナルからなり、そのそれぞれにショップやレストラン、両替所や手荷物預かり所、インフォメーションカウンターなどをはじめとする施設がそろっている。お土産を買い忘れた場合でも安心だ。ターミナル間は、「ガトウィック空港トランジット」と呼ばれる無人の自動運転シャトル(無料)で移動が可能。

イージージェットやライアンエアーなどの格安航空会社に加え、イギリスとアメリカを結ぶ多くの航空会社が就航している空港なので、出国・入国審査などの混雑に備えて、早めに空港に着くようにすることをおすすめする。

・ガトウィック空港公式Hホームページ
http://www.gatwickairport.com/

・各ターミナルのマップ
http://www.gatwickairport.com/at-the-airport/passenger-services/airport-maps/

Wi-Fi

ガトウィック空港のフリーWi-Fi

空港内では90分間無料でWi-Fiを利用できる。手順は以下の通り。
1.ブラウザを起動し青の「get online」をクリック。
2.〈Gatwick FREE Wi-Fi〉のネットワークを選択し、白の「get online now」をクリック。
3.簡単な登録をして「myGatwick」にアカウントを作ってログインする。
4.ピンクの「get online」のボタンをクリックすると、45分間無料でインターネットに接続することができる。
5.最初のセッション終了後、上記4.を繰り返すとさらに45分間接続可。

ラウンジ

プライオリティパス(年会費を支払う事で世界中900ヵ所以上の空港ラウンジに無料で入場できるパス)を使って入場可能なラウンジは以下の通り。いずれもシャワーはないが、南ターミナルの2階にシャワー施設がある。その他のラウンジの入室資格はカード会社等で確認を。

■北ターミナル
ASPIRE LOUNGE(営業時間は4:00-21:45)、MY LOUNGE(営業時間は6:00-20:00)、NO.1 GATWICK(営業時間は4:00-22:00)

■南ターミナル
NO.1 GATWICK(営業時間は4:00-22:00)

>>ラウンジが利用できるクレジットカードはこちら<<

ガトウィック空港から市内へのアクセス

Gatwick Airport

スポンサーリンク

ガトウィック・エクスプレスで市内へ

ガトウィック空港とロンドン・ビクトリアをノンストップで結ぶ特急列車。オンラインで事前にチケットを購入すると、10パーセント割引になる。

■所要時間
ロンドン・ビクトリア(London Victoria)駅まで30分(日曜は35分)。およそ15分おきの運行。

■料金
大人片道£19.9、往復£34.9。

■乗り場
乗り場は南ターミナルの到着フロア。北ターミナルから乗車する場合は、無料のシャトルで南ターミナルへ移動して到着フロアへ。

・ガトウィック・エクスプレスオンライン予約ページ
http://www.gatwickexpress.com/en/tickets-and-fares/buy-online-and-save/

ナショナルレールで市内へ

ナショナルレールとは、イギリス国内で旅客列車を運行している鉄道運行会社の統一ブランドの事。下記のテムズリンクやサザン鉄道などを含む複数の会社が、チケットやその発行システムを共通化している(空港と市内を往復する特急列車などは対象外)。

通常、適正な乗車ルートであれば、そのルートを運行するどの運行会社の列車でも利用することができるが、ロンドンーガトウィック空港間は例外。他社の電車では利用できない各会社専用のチケット(共通チケットより安い場合も)があるので、チケットを買う際は注意が必要だ。

分かりにくい場合は、ロンドンーガトウィック・チケット(London-Gatwick Ticket)という各社共通(ガトウィック・エクスプレスは除く)のチケットがあるので、これを選べば安心。

鉄道(ナショナルレール)についての詳細はこちら

テムズリンクで市内へ

ガトウィック空港とロンドン・セントパンクラスを結ぶ列車。ロンドンブリッジやルートン空港へ行くルートも。

■所要時間
ロンドン・セントパンクラス(London St Pancras)駅までおよそ60分。1時間4本の運行。深夜-早朝は1時間に1本。

■料金
チケットは時間帯や利用できるサービスによって、大人片道£10.2ー。

■乗り場
乗り場は南ターミナルの到着フロア。北ターミナルから乗車する場合は、無料のシャトルで南ターミナルへ移動して到着フロアへ。

・テムズリンクホームページ
http://www.thameslinkrailway.com/airport-travel/gatwick/

サザン鉄道で市内へ

ガトウィック空港とロンドン市内を結ぶ列車。ナショナルレールのウェブサイトから、各鉄道会社共通のルート検索をかけたり、オンラインでチケットを購入することができたりするので、列車を利用する際に覚えておくと便利。オンラインで事前にチケットを購入すると、片道£6ー。ただし最安値のチケットは早く売り切れてしまうので、予定がわかったら早めに予約するとお得。

■所要時間
ロンドン・ビクトリア(London Victoria)駅まで30分-40分。1時間6本の運行。深夜-早朝は1時間に1本。

■料金
チケットは時間帯や利用できるサービスによって大人片道£15.3-。

■乗り場
乗り場は南ターミナルの到着フロア。北ターミナルから乗車する場合は、無料のシャトルで南ターミナルへ移動して到着フロアへ。

ナショナルエクスプレス・コーチで市内へ

Gatwick Airport

ガトウィック空港からロンドン・ビクトリアをはじめ国内各地へ運行する長距離バス。ヒースロー空港スタンステッド空港ルートン空港へのルートも。

■所要時間
ロンドン・ビクトリア(London Victoria)コーチステーションまで時間帯によって75分-110分。およそ30分おきの運行。

■料金
大人片道£10。

■乗り場
各ターミナル到着フロアにチケットオフィスあり。乗り場は南ターミナルの国際線到着フロアを出たところのバスステーション。北ターミナルからの便は少ないため、南ターミナルから乗車する場合は、無料のシャトルを利用して南ターミナルのバスステーションへ。

・ナショナルエクスプレス・コーチホームページ
http://www.nationalexpress.com/en/airports/gatwick-airport.aspx

イージーバスで市内へ

ガトウィック空港と市内を結ぶ格安のバス。オンラインで事前にチケットを購入すると、片道£1.95ー。ただし最安値のチケットは早く売り切れてしまうので、予定が分かったら早めに予約するとお得。チケットは、空席があれば乗車時にバスの運転手から購入も可能だが、この場合も運賃はオンライン予約の場合より高くなる。

■所要時間
ウォータールー(Waterloo)までおよそ60分。15分-20分おきの運行。

■料金
大人片道、通常£4-£9。

■乗り場
乗り場は南ターミナルの到着フロアを出たところのバスステーション。到着が北ターミナルの場合は、無料のシャトルを利用して南ターミナルに移動しバスステーションへ。

・イージーバスホームページ
http://www.easybus.com/en/london-gatwick

タクシーで市内へ

Gatwick Airport

公認ドライバー以外のタクシーには乗らない事。また、ミニキャブは事前に料金交渉をする必要があり、支払い時にトラブルになることもある為、タクシー乗り場からメーター制のタクシーに乗った方が安心だ。

■所要時間
ロンドン中心地まで渋滞がなければおよそ70分。

■料金
ロンドンの中心地まで£50ー£80ほど。

■乗り場
各ターミナル到着フロアを出たところのタクシー乗り場。

タクシーについての詳細はこちら

日本-ロンドン間のフライトで得られるマイル

  • マイレージ情報
    出発地 貯まるマイル数
    東京/成田 1万2428マイル
    東京/羽田 1万2428マイル

    日本-ガトウィック空港間の直行便は就航していない為、同じロンドン市内のヒースロー空港間のマイル数を記載。参考として、1万マイルで東京-大阪間の航空券に、2万マイルで東京-グアム間の航空券に換えることができる。

    ※マイル数は往復分を表記
    ※航空会社や利用する時期、割引によってマイル数は変動する

    >>マイルの貯め方・使い方の詳細はこちら<<

  • ガトウィック空港の利用者必携アイテム

    機内持ち込みスーツケース

  • "格安なのに高機能

    3980円-
    機内持ち込みスーツケースとは、空港で荷物を預ける必要がなく、飛行機の荷物棚に収まるサイズのスーツケースのことだ。メリットとしては、到着時の荷物待ちを避けられること、大事な荷物をロストバゲージから守れること、そして帰国前の免税店で大量に購入したお土産を詰めて身軽になれることなどが挙げられる。このLEGEND WALKERのスーツケースは、値段が3980円とお手頃であるにも関わらず、アメリカ旅行時は必須のTSAロックや修理保証がついており、高級スーツケースと大差ない機能を備えてる。

  • お勧めポイント

    ☑ 機内持ち込み可
    ☑ TSAロック搭載でアメリカ旅行も安心
    ☑ 一年間修理保証
    ☑ 超軽量で持ち運び楽々

    Amazonで詳細を見る特設ページを見る

    万能パスポートケース

  • "航空券も入る13ポケット付き

    単なるファッションとしてのパスポートケースと一線を画すのがこのアイテム。何とポケット数が13もあり、パスポートはもちろん、航空券、現金、カードからボールペンに至るまで収納可能。これ一つで、空港内の買い物から、搭乗、飛行機内での入国カード記入、現地での財布代わり、貴重品入れと用途が多様だ。パスポートケースを探している人にも、旅行に持っていく財布を探している人にもお勧めだ。

  • お勧めポイント

    ☑ 13ポケット付き
    ☑ 航空券や現金が折らずに入る大きさ

    Amazonで詳細を見る

    飛行機用に作られた耳栓

  • "機内でぐっすり

    飛行機内で寝られないという人に是非お勧めしたいのが、有名イヤープロテクターブランドであるCRESCENDOが飛行機用に開発したこの耳栓だ。元々、CRESCENDOはミュージシャンや音楽関係者といった、日々大きな音の中で生活している人の耳を守るために商品開発をしているブランドであり、言わば爆音対策のプロだ。特殊なフィルターを用いることによって、飛行機のエンジン音は遮りつつも機内アナウンスはクリアに聞こえる。また、気圧の変化を調整する機能もあり、離着陸時の耳の痛みを抑える機能も備えている。耳栓としては少々値が張るが、水洗い可能なため、何度も使える優れものだ。

  • お勧めポイント

    ☑ 有名ブランドが飛行機専用に開発
    ☑ 水洗い可能で何度でも使える
    ☑ 気圧の調整機能で耳の痛みを軽減

    Amazonで詳細を見る


    お勧め送迎予約

    ガトウィック空港とロンドン市内のお勧め送迎プランを紹介。空港から自分たちだけで市内に行くことに不安を覚えている人や、空港からスムーズに市内に向かうことで、迷う時間を節約したい人などにお勧めだ。また、市内からガトウィック空港へのプランもあるので、飛行機の時間が気になる人にもお勧めだ。


  • ガトウィックとロンドン市内の送迎会社のロゴ

    "貸し切りチャーターで快適送迎

    大人
    12000円-(£87程-)
    ミニバン貸しきりでロンドン市内まで送ってくれる。貸し切りなので、車内を広く使えるし、リラックスして行けるだろう。団体で利用すれば一人2000円強程で利用可能なことも嬉しい。

  • お勧めポイント

    ☑ 貸し切りで快適
    ☑ 複数人で利用すれば安価に抑えられる
    ☑ ロンドン交通局公認ドライバーで安心

    出発時間帯 所要時間 送迎有無 食事有無 子供参加可否 日本語ガイド 英語対応
    空港到着次第 2時間程 × ×

    購入はこちらから

    販売会社:City Transfers UK Ltd


  • ガトウィックとロンドン市内の送迎会社のロゴ

    "混載シャトルでお得に送迎

    大人
    4000円-(£28.5程-)
    複数人の乗り合わせプランだから、安価に利用することが出来る。重たい荷物を持って電車には乗りたくないけど、節約もしたいという人にお勧めだ。割安だが、質の高さが評判の送迎会社で、全てのドライバーがロンドン交通局公認ドライバーだ。また、乗り合いプランになるので、他の人を待たせないよう集合時間には遅れないようにしたい。

  • お勧めポイント

    ☑ 乗り合わせプランでお得
    ☑ ロンドン交通局公認ドライバー

    出発時間帯 所要時間 送迎有無 食事有無 子供参加可否 日本語ガイド 英語対応
    空港到着次第 2時間程 × ×

    購入はこちらから

    販売会社:City Transfers UK Ltd

    (Photo by City Transfers UK David Fiske)

    スポンサーリンク

    )

    あなたにおすすめ

    ページトップへ戻る