スポンサーリンク

ランブラス通りの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ランブラス通り
La Rambla

2017/05/05 更新

La Rambla

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

La Rambla

バルセロナ観光をしようと思い立ってガイドブックを開けば、必ずや出会うのがこのランブラス通りではないだろうか。カタルーニャ広場からコロンブスの塔へと至るランブラス通りは、バルセロナ旧市街地の中心部を縦断するように貫いており、まさしくメインストリートと呼ぶに相応しい道だ。

はじめての観光の際にはここを基準にしてルートを考えると分かりやすくてお勧め。バルセロナ初心者なら必ず訪れたいスポットだ。なお、全長は1.2キロメートル程度である為、15分-20分もあれば端から端まで歩く事ができる。

構造

ポプラ並木に縁取られた全長1.2キロメートルの遊歩道にはレストランやカフェが多く居並び、地元の人から愛される美しい散歩道となっている。また、リセウ大劇場、サン・ジュゼップ市場、レイアール市場等多くの名所もこのランブラス通りに接している為、観光客でも賑わっている。

チェック

①カナレータスの泉

La Rambla

サッカーファンも集う伝説の水飲み場

ランブラス通りはただ歩いているだけでも楽しい散歩道だが、そんな中でも隠れた名所として知られるのが、カナレータスの泉だ。

通りの北側、カタルーニャ広場の近くにあるこの泉は、一見すると何の変哲もない小さな水飲み場だ。知っていないと見落としてしまうほど目立たないのだが、実は「この水を飲むとまたバルセロナに戻ってこられる」という伝説がある。バルセロナの事を気に入った人は、ぜひともここで水を飲んでおきたい。

また、この周囲はFCバルセロナのファンが試合後の集う事でも知られている。サッカーファンもぜひ立ち寄っておきたいスポットだ。

スポンサーリンク

②大道芸人

La Rambla

ランブラス名物の賑やかなパフォーマンスをご覧あれ!

バルセロナといえば大道芸、というイメージを持っている人も多いのではないだろうか。そのイメージは主に、ここランブラス通りによって培われてきたものだ。

ランブラス通りを歩いていれば、いつでも大勢の大道芸人たちと出会う事ができる。活気溢れる大道芸人たちの芸は実に楽しいもので、チップをあげるもよし、冷やかすもよし、写真を撮るもよし、いろいろな楽しみ方ができるだろう。

ただし、「大道芸人を眺めていたらいつのまにかスリに遭っていた!」という被害は後を絶たないので、身の回り品には充分に注意しよう。

バルセロナの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク