サンタ・マリア・ダル・マル教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サンタ・マリア・ダル・マル教会
L'església de Santa Maria del Mar

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/07/slick_Lesglesia-de-Santa-Maria-del-Mar-1080x717.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

カタルーニャ・ゴシックの代表的建築物

Lesglesia de Santa Maria del Mar

サンタ・マリア・ダル・マル教会は、バルセロナ市街でも特に歴史的建造物が多く残っている「ゴシック地区」に位置する教会だ。

名前にある「マル」というのはカタルーニャ語で「海」のこと。
港が近いということもあり、もともとは海で働く人々の安全を願って設立された教会だといわれている。
教会内の祭壇にも、マリア像とともに船の模型が飾られている。
まさしく地元の人々のための教会なのだ。

注目すべきは、この教会がわずか50年ほどで建設されたという点だろう。
中世ヨーロッパの教会では、100年以上もの歳月をかけて作られたものが多く、さまざまな建築様式が混在した建築物となっていることもよくある。
しかしサンタ・マリア・ダル・マル教会は短期間で作られたために、純度の高いカタルーニャ・ゴシックの建築様式がそのまま残されているのである。

見どころ

アーチ天井が見せる重厚さと明るさのコントラスト

Lesglesia de Santa Maria del Mar

典型的なカタルーニャ・ゴシック様式であるため、サンタ・マリア・ダル・マル教会の外観は重厚で暗く、どこか木訥とした印象さえ見せる。
だが、それはあくまでも外から見た場合のみの話だ。

一歩教会内に足を踏み入れれば、印象はまったく変わることだろう。
高いアーチ構造の天井をもつため、窓やステンドグラスから取り入れられた光はなんとも穏やかな表情で空間を満たしてくれている。
内側と外側とでこれほど表情を変える教会も珍しいだろう。

また、天井の形状は音の反響具合も絶妙なようで、この教会はしばしばクラシックやゴスペルのコンサートにも利用される。
タイミングが合えば、この教会ならではの音色に耳を澄ましてみるのもお勧めだ。

バルセロナ旅行者の必読記事

人気記事

バルセロナのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク