パリで食べられるフランス名物料理10選!お勧めグルメ旅

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/12/slick_par-food-534x355.jpg

2017/06/17 更新

ヨーロッパ屈指の観光立国フランスの首都パリ。エッフェル塔、凱旋門、セーヌ川クルーズ、珠玉のコレクションを誇るルーブル美術館など、パリの見どころは尽きないが、パリで楽しみたいのは観光だけではない。 フランス料理は、世界三大料理(トルコ料理、中華料理、フランス料理)の一つでもあり、パリは料理が美味しいことでも有名である。 本格的なフランス料理から、ブラッスリーで注文したい一品、カフェで食べたい軽食、パリならではのスイーツも観光と合わせて楽しんでみよう。

パリの名物料理10選

ソーレ・ムニエーレ(Sole Meunière)

  • 舌平目のムニエル(Sole Meunière)
    ソーレ・ムニエーレは「舌平目のムニエル」のこと。フランス料理の中でも最も定番といわれるメニューである。舌平目に胡椒と塩で下味を付けたものに小麦粉をまぶし、バターで両面をこんがり焼くという料理である。仕上げはお好みでレモン汁をかけて食べる。あっさりとした味付けは、日本人にも好まれており、パリを訪れる日本人にも人気のあるメニューの一つとなっている。

  • ガレット(Galettes)

  • ガレット( Galettes)
    ガレットは、フランス北西部に位置するブルターニュ地方発祥の郷土料理である。円形に薄く伸ばして焼かれたそば粉の生地に、ハム、チーズ、トマト、キノコといった野菜や魚介類をのせたものを四角形に折りたたんで食べる料理である。もともとはブルターニュ地方の郷土料理であるが、パリでも人気があり、町のいたるところでガレットを提供するお店を見かけることができる。メインをガレット、デザートにクレープを食べるというのもおすすめである。

  • ムール貝(Moules Marinières)

  • ムール貝(Moules Marinières)
    ムール貝は、コクがある味わいと、弾力があふれるプリプリの食感が人気の食材で、パリのあらゆるレストランで提供されている。特に白ワインとの相性が抜群で、白ワインで蒸されたムール貝は絶品である。魚介類を好む日本人にとっても、ムール貝は食べやすい料理のひとつである。ムール貝の旨味が口いっぱいに広がってゆく味わい深さは、きっとやみつきになるはずである。

  • クロックムッシュ(croque monsieur)

  • クロックムッシュ(croque monsieur)
    "パリのカフェやバーでの代表的な軽食メニューのクロックムッシュは、チーズとハムを挟んだパンをフライパンでうっすらと焦げ目がつくまで焼き、その上にベシャメルソースを塗って食べるトーストの一種である。少し小腹が空いたときや、朝食を摂るためにカフェに入ったときなどに気軽に注文できるメニューである。
    目玉焼きやフレンチフライと一緒に食べるのもおすすめである。"

  • オニオングラタンスープ(Soupe à L’oignon)

  • オニオングラタンスープ(Soupe à L’oignon)
    オニオングラタンスープは、フランスで定番の家庭料理の一つである。きつね色になるまでじっくりとバターで炒められたタマネギにブイヨンソースを入れて煮込んだスープがベースとなっている。熱々のスープの上には、グリュイエールチーズをたっぷりと乗せてこんがりとトーストされたバケットがのせられている。タマネギの旨味が凝縮されたスープは絶品で、これを食べると心も身体もあたたまるはずだ。

  • ブフ・ブルギニョン(Boeuf Bourguignon)

  • 牛肉の赤ワイン煮込み(Boeuf Bourguignon)
    ブフ・ブルギニョンは、フランス語で「ブルゴーニュ風の牛肉」のいう意味の代表的なフランスの家庭料理である。もともとは、ブルゴーニュ地方で、筋張った食べにくい肉を飲み残した赤ワインで煮込んで柔らかくして食べるという、食材を無駄にせずに使いきるための工夫から生まれた料理である。フランス料理の中でも代表的なビーフシチューでワインとの相性が抜群である。

  • ブイヤベース(Bouillabaisse)

  • ブイヤベース(Bouillabaisse)
    ブイヤベースは南フランスのプロヴァンス地方の港町、マルセイユ発祥のフランス有数の名物料理である。ブイヤベースは、エビ、ホタテ、ムール貝、イカ、鮮魚といった新鮮な魚介類とトマトやタマネギを白ワインと一緒に煮込んだ濃厚なスープであり、中にはクルトンやパセリが入っているものもある。魚介類の旨味が凝縮されたスープの味は絶品で、バケットと一緒に食べたい一品である。

  • スフレ(Soufflé)

  • スフレ(Soufflé)
    スフレは、ふんわりと軽い食感が特徴的な料理である。メレンゲに色々な具材を混ぜ合わせ、オーブンで焼き上げたできたてのスフレは高く盛り上がり、皿から大きくはみ出すほどふんわりと膨らんでいる。チーズを混ぜて焼きあげられたチーズスフレはフランスでの定番料理である。また、チョコレートが入った甘いチョコレートスフレも食後のデザートとしておすすめの一品である。

  • クリームブリュレ(Creme Brulee)

  • クリームブリュレ(Creme Brulee)
    フランスを代表するデザートのクリームブリュレはフランス語で「焦がしたクリーム」いう意味のお菓子である。卵黄、生クリーム、牛乳を混ぜ合わせて作られた濃厚なカスタードクリームの上に、砂糖をまぶして焦がしてパリパリのカラメル状にしたデザートである。本格的なコース料理のデザートとしてだけでなく、カフェでも気軽に注文できるお手軽なスウィーツである。

  • キッシュ(Quiche)

  • キッシュ(Quiche)
    キッシュとは、卵と生クリームをベースとした生地に、ベーコン、野菜、チーズを練り込んだものサクサクとしたパイ生地の中に流し込んで、オーブンで焼き上げた料理である。香ばしいパイ生地と生クリームとチーズの相性が抜群で、一口食べると口いっぱいに濃厚な旨味が広がってゆく。メインを注文する前に、サラダと一緒に食べるのがおすすめである。


  • 【必見】パリのレストランを予約しよう

    せっかくのパリ旅行、適当な店で食事をするのはあまりにもったいない。評価の高いお店をしっかりと下調べをしておこう。人気店は予約をしておかないと入れないこともあるので、事前に電話やメールで問い合わせしておくことをお勧めする。

    HowTravel編集部がお勧めしたいのは日本語でパリのレストランを予約することができる、グルヤクだ。24時間インターネットから人気店を予約することができ、座席リクエストやサプライズのお願いも可能だ。口コミも掲載されているので、本当に美味しいパリ料理を堪能するにはもってこいだ。

    予約はレストラン利用の24時間前まで可能なので、現地で旅行中に明日のディナーを予約するということもできる。ただし、人気のレストランは1カ月前には埋まってしまっているなんてこともあるので、できるだけ早く予約したい。

    ➡ グルヤクのパリページはこちら

    諸条件の確認はこちら

    (Photo by Jay Cross cyclonebill ben dalton Kimberly Vardeman Alexandra Leisse Miikka H TummyRumble St0rmz Alpha Sean MacEntee)

    人気記事

    ホテル レジーナの客室
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク