ルーブル (1区)×エンタメ

1区ルーブル美術館周辺でエンターテインメントを楽しむメリットはその治安だろう。観光地としてきちんと整備されていて、非常に治安が良い。もちろん質も素晴らしく、上質なエンタメを楽しめる。昼間は劇、夜もナイトスポットで楽しめる。

このカテゴリーをパリ全域で見る

ルーブル (1区)×エンタメ

3件

P1090007 France, Paris, le bâtiment du théâtre de la Comédie-Française

1

コメディ・フランセーズ

300年以上の歴史を持つ国立の古典劇団

1680年に太陽王ルイ14世の命によって設立されたのがこのコメディ・フランセーズだ。 劇場はPalais Royal駅を出てすぐに位置しており、ルーブル美術館やオペラ座からもすぐの場所にある。

exterior of Théâtre du Châtelet

2

シャトレ座

今なお進化する名門劇場

シテ島から北にセーヌ川を渡った場所に位置する劇場。セーヌ川のせせらぎを傍らに美しいオペラや音楽を日夜上演している。 シャトレ座は1862年にオープンした、歴史ある名門劇場。 座席数が2500あり、まだまだ現役で、現在はパリ管弦楽団とフランス放送フィルハーモニー管弦楽団の本拠地として活躍している。

Duc des Lombards in paris

3

デュック・デ・ロンバール

長年愛されてきた老舗ジャズクラブ

日中に動き回るだけがパリ観光ではない。 日が沈んだ後、フランス料理に舌鼓をうった後は是非パリの街に繰り出し、この街の幻想的な雰囲気をその肌で感じて欲しい。 このデュック・デ・ロンバールは1984年創業のパリで最も有名なジャズクラブの一つだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク