バンコク国立美術館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

バンコク国立美術館 (バンコクコクリツビジュツカン)
พิพิธภัณฑสถานแห่งชาติ หอศิลป์ (ピ ピッタパン サタンヘインチャー ホォ スィン)

2017/05/05 更新

http://maps.googleapis.com/maps/api/streetview?size=1080x9999&location=13.758478%2C100.493658&fov=42.31592202&heading=1821.59&pitch=6.11&key=AIzaSyBHfo6k_qeF5rkCk_gkCp9uIU_asZOatUM

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

バンコク国立美術館は1977年にオープンしたタイ初の国立美術館だ。タイの伝統的な工芸品を始めとした文化を展示した「国立博物館」は19世紀から存在していたが、より美術に焦点を絞ったのが国立美術館である。サナーム・ルアン王宮前広場)にも近いので、王宮周辺の観光がてら立ち寄りやすいだろう。

見どころ

タイの歴史上重要な芸術家はもちろんのこと、国王自らが手がけた作品も展示されている。美術館の豪華な建物は元々造幣局だったが、さらに遡ればラーマ1世時代の副王の宮殿でもあった。

バンコク旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金

スポンサーリンク