アナンタサマーコム宮殿の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

アナンタサマーコム宮殿 (アナンタサマーコムキュウデン)
พระที่นั่งอนันตสมาคม (アナンタサマーコムパレス)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_Ananta-Samakhom-palace-1080x810.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

Ananta Samakhom palace

アナンタサマーコム宮殿は1915年に完成した宮殿だ。元々はラーマ5世が迎賓館として建設を命じた建物である。1932年の立憲革命の後は国会議事堂として使用された時代もあった。ガイドブックでは「旧国会議事堂」の名で紹介されることも多い。

見どころ

大理石を贅沢に使用した西洋風の宮殿は、当時1500万バーツと言う莫大な予算をつぎ込んで建設された。西洋諸国にタイの国力と王室の威厳を見せつけるための建設であったが、結果として財政が悪化し民主革命を招いたのは何とも皮肉である。隣に新しい国会議事堂が建設されて役目を終えてからは、再び迎賓館として使用されるようになった。

バンコク旅行者の必読記事

人気記事

外貨両替窓口
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金

スポンサーリンク