スポンサーリンク

バンコクのメトロ(地下鉄)の料金、乗り方 、路線図、注意点

バンコクのメトロ(地下鉄)

2016/08/04 更新

bangkok metro
  • データガイド

スポンサーリンク

路線説明

バンコクの高架鉄道であるBTS(スカイトレイン)は、バンコク市内を走行しており、スクンビット線とシーロム線の2路線がある。
サイアム駅で2路線との乗り換えが可能である。
また、スクンビト駅とシーロム駅では、MRT(地下鉄)に乗り換えが可能である。
BTSは、ラッシュ時であれば3分間隔で走行し、日中でも6分間隔で走行しており、本数が多く利用しやすい。
BTSは地元の人々だけでなく、観光客にとってもバンコク市内の移動手段として、大変便利である。

BTSの料金はゾーン1-6の6区間に分かれており、ゾーンによって料金が異なる。
1回乗車券のほかに1日乗車券や30日間有効のプリペードカードもある。
利用回数や滞在期間に合わせて、購入する乗車券を決めるとよいだろう。

路線図HP
http://www.bts.co.th/customer/en/main.aspx

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回乗車券:片道切符。ゾーンによって料金が異なる。
ゾーン1:฿15、ゾーン2:฿22、ゾーン3:฿25、ゾーン4:฿28、
ゾーン5:฿31、ゾーン6:฿37 

■1DAYパス:1日乗車券。1日乗り放題。฿140。

■スカイスマートパス:プリペード式パス。
最初に฿150(内、デポジット฿50B含む)で購入。
その後、฿100ごとにチャージが可能。     

乗車券の購入場所

■自動発券機
■1日乗車券・パスは、インフォメーション・カウンター、窓口で購入可能

乗車券の購入方法

ban_metro

自動発券機には、฿100までのお札が利用可能な機械と、硬貨のみ利用可能な機械がある。
硬貨や大きなお札しかない場合は、窓口で両替をしてもらうことができる。

①確認する。
路線図で目的地の駅のゾーン番号を確認する。

②ゾーン番号を押す。
発券機のゾーン番号を押す。

③料金を払う。
料金が表示されるので、お金を入れる。
乗車券とおつりがでてくる。

乗り方

ban_metro

①改札する
改札は自動改札となっており、1回券はカード投入口に入れる。
カードが出てきたら改札が開くので通る。
スマートパスなどのICカードの場合は、カードリーダーにかざすと、改札が開く。

②ホームへ向かう
目的地に向かう方面を確認して、ホームへ向かう。

③乗車する
BTSが到着したら、行き先が合っているか確認し、乗車する。

降り方

ban_metro

①目的地を確認する
BTSの車内には電光掲示板にて、路線図と今走っている場所が表示されているので、わかりやすい。

②下車する
目的地の駅に着いたら降りる。

③改札をする
階段またはエレベーターにて、改札の階に上がる。
乗車時と同様に改札口で、乗車券を投入口に差し込む。
乗車券は回収されるので、そのまま改札をでる。
ICカードのパスは、カードリーダーにかざして改札を出る。

その他注意点

■トイレ・ごみ箱なし
BTSの駅にはトイレがないため、電車に乗る前にホテルや施設にてすませておいた方がよい。
ごみ箱も設置されていないため、ごみは持ち帰らなければならない。
また、車内では飲食や喫煙は禁止されているので要注意だ。

■子供料金の基準
子供の料金は、身長によって決まり、90センチメートル以下であれば無料である。
またタイの子供の日である1月の第2土曜は、身長が140センチメートル以下の子供は無料になる。自動発券機横にある目安表を参考にするとよい。

(Photo by Minseong Kim Anna L Martin)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ