スポンサーリンク

バンコクのARL(エアポートリンク)の料金、乗り方 、路線図、注意点

バンコクのARL(エアポートリンク)

2016/08/04 更新

bangkok-arl
  • データガイド

スポンサーリンク

路線説明

バンコクのエアポートリンク(略してARL)は、バンコク市内とスワンナプーム国際空港を結ぶ高速鉄道である。
タクシーを利用すれば、40分-1時間かかるところを、最短15分で到着することが可能だ。
地元の人々だけでなく、観光客にとっても大変便利な交通機関である。

ARLは、約15分間隔で運行しており、各駅停車のシティラインと快速のエクスプレスの2路線が走行している。
エクスプレスは、マッカサン駅-スワンナプーン国際空港間を最高速度160kmで、ノンストップで走行している。
またARLは、パヤタイ駅でBTSに、ペッチャブリー駅でMRTに乗換えが可能である。

ARLの乗車券はICチップになっており、エクスプレスとシティラインでは色分けをしているため、違いが分かりやすい。

エアポートリンクHP
http://www.srtet.co.th/en/index.html

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回乗車券:片道切符。トークンと呼ばれるプラスチックのICチップ。
シティライン:料金は距離によって異なる。
赤色のICチップ。฿15-45。
エクスプレス:฿90。

乗車券の購入場所

■駅の窓口
■自動発券機

乗り方

bangkok-arl

①改札を通る
乗車券を購入したら、改札を通る。
改札は自動改札となっているため、トークンをタッチすると改札は開く。
改札が開いたらホームへと向かう。

エクスプレスの場合は、専用の改札口があるが自動ゲートはなく、エスカレーター入口に立っている係員に乗車券を見せるだけでよい。

②ホームで待つ
エスカレーターでプラットホームへと向かう。
電車のドアはホームドアとなっており、安全である。

③乗車する
電車が到着したら、自動でドアが開くので乗車する。

降り方

目的地の駅に到着したら降りる準備をする。
電車を降りたら、乗車時と同様に改札を通る。
シティラインの場合は、トークンを改札の挿入口に入れると回収される。
エクスプレスからシティラインに乗換える場合は、到着ホームが異なるため、3階から4階へ上がらなければならない。
4階へ上がるとシティラインに乗換えるための、入場改札口がある。

その他注意点

■荷物が多い場合エクスプレスに
シティラインには、荷物を置くスペースがないため、スーツケースやボストンバッグなど、大きな荷物がある場合は、荷物置場があるエクスプレスの方が良いだろう。
シティラインは、通勤通学時間帯になると車内は混雑するため、この時間帯を利用するならなおさらである。
荷物を少なくするか、エクスプレスに乗車することをおすすめする。

(Photo by Wiki05 Sergey)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ