スポンサーリンク

海東龍宮寺の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

海東龍宮寺
해동용궁사 (ヘドンヨングンサ)

2017/05/05 更新

Haedong Yonggung Temple

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

この寺は、世界的にも非常に珍しい海に面した寺である。場所は釜山市から東側に行ったところにある寺で、海雲台(ヘウンデ)から東へ車で約30分程行った松亭(ソンジョン)にある。寺にたどり着くためには長い坂を上らなければならない。

立地

寺は海すれすれの位置に建造されており、すぐ側の岩場に波が打ち寄せられている。この不思議なロケーションは韓国でももちろん有名だが、世界的にも人気があり、観音信仰の人達にとっては聖地という位置付けにある。

チェック

①参拝

煩悩を取り払う108段の階段と様々な石像

車かバスでこの場所に着いたら、まずは長い坂を上る事になる。緩やかな坂で、この道沿いには屋台や軽食をとれる食事処、土産物屋などがずらりと並んでいる。多種多様の言語や人種が入り混じる場所なので、とても賑わっている。そのまま人の流れに沿って坂を上り続けていると、やがて寺への入り口が見える。

ここから寺へ向かう道は、108段の下り階段。この階段を下りることで煩悩がなくなり、清らかな心で寺に参れると言われている。清らかな心とは言うものの、実際は体力的にかなりきついので、疲れから階段を下りることしか考えらないから煩悩がなくなるのだという話もある。

そのまま長い階段を下りていくと、龍宮寺が見えてくる。この辺りには十二支の石像があり、自分の干支の石像に手を合わせたり、一緒に写真を撮るとご利益があると言われている。他にも七福神の石像などがあったりする。

スポンサーリンク

②景色

寺と海を見渡す格好のスポット

108段の階段を下りると不二門があり、それを潜り抜けると本堂が見えてくるが、まずは本堂に行く前に「日出岩」がある。ここはその名の通り、日出を見るのに適した最高のロケーションだ。時間帯がずれても、青い空、青い海が見れる場所になっているので立ち寄りたいところだ。

階段を降りて本堂に到着すると、本堂の近くに上り階段がある。そこを上ればまた新たな絶景スポットがある。そこからは海と一緒に海東龍宮寺を見下ろすことができる。海東龍宮寺の人気の要因は、やはりその景色。海と寺がほぼ同じ位置にあるというのは世界的にはとても珍しい。

(Photo by midnight.here)

釜山の危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク