スポンサーリンク

釜山のバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

釜山のバス

2016/08/04 更新

busan bus
  • データガイド

スポンサーリンク

路線説明

釜山のバスは、釜山市内を網目状に張り巡らせて走行しているため、地元の人々にとって大変便利な交通手段となっている。
地下鉄が走っていない場所も、バスの路線がくまなく走行している。
バスを利用すれば釜山市内をどこでも行くことが可能で、地下鉄よりも時間もかからず、乗りこなせれば利用価値は高いが、観光客にとっては複雑で、乗りこなすのは簡単ではない。

釜山のバスは、一般バス・座席バス・深夜バス・マウルバスの4種類ある。
ほとんどのバスが、青色やオレンジ色の一般バスである。
マウルバスは、小型バスのことで住宅街を循環しており、地元住民しかほとんど利用しない。

バスの乗車料金は、バスの種類によって決まる。
その都度、車内で支払うこともできるが、市内バスと地下鉄で利用可能なハナロカードもある。
ハナロカードは、チャージして利用するICカードのことで、その都度乗車券を買う必要もなく、1回券よりも料金が割引になるため、お得なカードである。

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■1回券:片道切符
一般バス:₩1000、座席バス:₩1500、
深夜バス:₩1800、マウルバス:₩750

■ハナロカード:ICカード。購入時に発行手数料として₩2000必要。
地下鉄でも利用可能。
ハナロカードを利用すると、その都度払うより安い。
一般バス:₩950、座席バス:₩1400、
深夜バス:₩1800、マウルバス:₩690

乗車券の購入場所

■1回券は車内にて支払う
■ハナロカードは、地下鉄の自動発券機(チャージは、駅の自動補充機・コンビニでも可能)

乗り方

①確認する
バス停に到着したら、目的地に向かうバスを確認する。
釜山のバスは、バス停の前にきちんと止まらないことが多い。
そのため、目的地に向かうバスが到着したら走って、乗ることを運転手に意思表示する必要がある。

②乗車をする
バスが到着したら、乗るときは前のドアから乗車する。
1回分の場合は、料金箱にお金を入れる。
ハナロカードを利用するときは、カードリーダーに「ピッ」と音がするまで、カードをかざす。
料金と残高が表示されるので、確認しておくとよいだろう。

③座席に座る
バスはかなり揺れるため、座席が空いていれば座る方が安全である。
空いていなければ、手すりやつり革をしっかり持っておく。

降り方

バスには次の停留所を案内する車内アナウンスはあるが、韓国語のみの案内のため、韓国語を知らないとわかりづらい。
また、バス停の表示も韓国語のため、事前に降りるバス停が何番目であるかなど、調べておく方がよいだろう。

目的地のバス停に近づいたら、ブザーを押して降りる意思表示をする。
停留所に乗る人がいなければ、そのまま通過してしまうので早めに押す方が良い。
到着する前に降りる準備をして、ドアに移動しておく。
降りるときは、真ん中のドアか前のドアから降りる。
乗換えをする場合は、ハナロカードを降りるときもかざす。
バスからバスの乗換えは、30分以内であれば無料となる。
バスから地下鉄への乗換えは、200追加すればよい。
こちらも30分以内の乗換えが条件である。

その他注意点

■異なるバスの乗換え
バスからバスに乗換える際、同じ種類のバスへの乗換え(たとえば、一般バスから一般バスへの乗換え)は、基本料金のみで無料である。
しかし、一般バスから座席バスへの乗換えは、基本料金が高い方の金額になるため、基本料金は₩1500(ハナロカード:₩1400)となるので要注意だ。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ