スポンサーリンク

上海工芸美術博物館の観光情報(作品・料金・行き方・営業時間)

上海工芸美術博物館 (シャンハイコウゲイビジュツハクブツカン)
上海工艺美术博物馆 (シャンハイ ゴンユンメイシュ ブォウーグァン)

2017/05/05 更新

shanghai arts and crafts museum

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

中国の伝統工芸品を集めた博物館。象牙、ヒスイ彫刻、刺繍、切り絵、ランタン、編み物等の工芸品が展示されている。精巧な細工が施された数々の工芸品からは、中国伝統工芸の技術の高さを伺い知れる。また、職人達による実演も行われており、制作の様子を見学できるのが魅力。気に入った作品は購入できる。

歴史

建物自体の竣工は1905年。建築面積は1496平方メートル。もともとは旧フランス租界の公董局における董事という長官の住宅として建てられた。天井、床、壁のすべてが大理石でできている為、「little white house」とも呼ばれていた。後期ルネサンス様式にもとづき設計された洋館の窓には美しいステンドグラスがはめられ、壁や階段の手すりやテラスには細かな彫刻が施されている。邸宅として使用されなくなった後は、国連世界保健機構アジア太平洋事務局に使用された。

上海の危険対策


(Photo by Coolmanjackey)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク