スポンサーリンク

外灘27号の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

外灘27号 (ガイタン27ゴウ)
外灘27号 (ワイタン アァシイー ハオ)

2016/08/04 更新

Twenty Seven on the Bund

概要

特徴

外灘27番地にある歴史的建造物を改装した複合ビル。1920年に建設された。もともとは「ジャーディン・マセソン商会」のビルとして使われており、中国名は「怡和洋行大楼」。外部にはルネサンス風の建築様式が用いられている。1920年-1922年の間に4度の建て替えが行われ、今の姿となった。一時は政府に接収され「上海外国貿易局」が使用していたが、2010年に複合ビルとしてオープン。現在ではレストランや会員制クラブ等が入っている。

正面の入り口に掲げられた看板の「羅斯福」とは、ルーズベルトという意味。アメリカ大統領を2人輩出したルーズベルト家が改装を行ったことから、英語では「The house of Roosevelt」と呼ばれている。

屋上

ぜひ訪れてみたいのが、9階(屋上)にある「Roosevelt sky bar」という名のルーフトップラウンジ。ビル内にあるエレベーターで8階まで上り、この階でエレベーターを乗り換えて、屋上まで上がる。浦東と浦西の夜景を一緒に楽しめるのが魅力だ。

(Photo by Livelikerw)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット