スポンサーリンク

方塔園の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

方塔園 (ホウトウエン)
方塔園 (ファンターユェン)

2016/08/04 更新

Square Pagoda Park Shanghai

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

特徴

松江区にある公園。園内に「方塔」と言う塔が建っているため方塔園と呼ばれている。方塔の正式名称は「興聖教寺塔」。形が四角いので方塔と呼ばれる。着工は1068年、1094年に完成した。もともとは旧興聖教寺の境内に建てられていたが、1370年に旧興聖教寺が消失し方塔だけが残った。その後何度も修復されたが、1981年には古い木材を生かしつつ改築が行われ、高さ42.5メートル、9層の塔となる。全国重点文物保護単位に認定され国からの保護を受けている。別途料金を支払えば塔の5階部分まで上れる。

見どころ

園内では方塔以外にも様々な遺構を見られる。例えば「磚刻照壁」は1370年(明の時代で洪武3年)に造られた壁。龍のような想像上の生き物の彫刻が施されているのが特徴だ。また、上海地区最古の石橋と呼ばれる「望仙橋」にも注目したい。水戸光圀に儒教を教えた朱舜水の記念館がある「蘭端堂」も忘れずに見学しよう。公園を散歩しながら歴史の痕跡に触れられるのが方塔園の魅力である。

方塔園の危険対策


(Photo by Kgbkgbkgb )

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク