上海国際礼拝堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

上海国際礼拝堂 (シャンハイコクサイレイハイドウ)
国际礼拜堂 (グオジーリーバイタン)

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/slick_International-Christian-Church_100-1080x1626.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

特徴

International Christian Church

上海で最大のプロテスタント系教会。毎週日曜にミサが行われている。英語、ドイツ語など外国語でのミサも行われ、教会内では様々な言語を聞ける。宗派や国籍を問わず、誰もが見学や礼拝に訪れる。建築様式はゴシック様式。建築面積は1763平方メートル、700人を収容できる。かつて窓にはステンドグラスがはめられていたが、文化大革命(1966-1977)の時代に破壊され、現在は見られない。

歴史

1925年竣工。もともとは1910年代にアメリカ人のキリスト教徒が東湖路で自宅を教会とし、信者たちを集めていたのが始まり。彼らは聖歌隊を結成し、讃美歌を合唱しながら礼拝を行っていた。1920年代、礼拝に参加する人数が100人を超えた為、杜美路に小さな礼拝堂が建てられた。しかし、さらに人が増えたため、寄付を集めて1923年に現在教会のある衡山路に土地を購入。教会の建設が始まり、1925年に完成した。教会は「コミュニティーチャーチ協和礼拝堂」と名付けられ、1932年にはパイプオルガンが設置された。その後、「国際礼拝堂」と改名され現在に至る。

上海旅行者の必読記事

(Photo by Timothy Tsui)

人気記事

外貨両替窓口
上海のホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク