日本では、トムクルーズさんやブラッドピットさんなどのハリウッドスターは知らない人がいないほど大人気だ。日本人の役者の中にも、渡辺謙さんや菊地凛子さん、真田広之などハリウッドで活躍する方もおり、日本人の役者がハリウッドでも高評価を得ているというような日本国内報道がある。

これまでHowTravelMagazineでは、そんな「海外で人気のある日本のXX」について調査してきたが、本当に海外で人気のあるものと、そうでないものがあることがわかっている。一部の人に人気があるものを、テレビが面白おかしく大げさに伝えているというケースが間々あるのだ。
■スポーツ
【現地の反応】イチローはアメリカ国内で実際人気があるのか
大谷翔平についてアメリカでの知名度・注目度は本当に高いのか
錦織圭選手は海外でも知名度・人気はあるのか?

■芸能・エンタメ
【海外の反応】きゃりーぱみゅぱみゅやPerfume、BABYMETALは本当に海外で人気があるのか?
【海外の反応】ジブリ映画は海外で本当に人気があるのか

実際のところ、海外で有名で評価の高い日本人の役者などいるのだろうか。日本の報道機関が大げさに日本人を持ち上げているだけではないのか。海外現地在住ライターがリポートする。

スポンサーリンク

【フランス】北野、三船、ハリウッド進出組も知名度が上がっている

(現地在住ライター 竹内真里栗山千明(Featureflash Photo Agency / Shutterstock.com)

まず、自身の作品で監督・俳優両方を務める北野武。俳優よりも監督という職業で有名かもしれない。そして「七人の侍」の三船敏郎は純日本映画好きな人からは必ずと言っていいほど名前が挙がる。

渡辺謙や真田広之は「ラストサムライ」「硫黄島からの手紙」「ラッシュアワー3」など有名なハリウッド映画に出演後知られるようになり、「うなぎ」「バベル」で好演した役所浩司も知名度が高い。

女優では「WASABI」に主演した広末涼子、フランスで人気のある北野武も俳優として出演している「バトルロワイアル」とタランティーノ監督の「キル・ビル」の二本に出演した栗山千明もインパクトの強い役柄を演じ、フランス人の記憶に残った。

今回聞いてまわるなか、筆者の知らないモデル・女優を知ることができた。「福島リラ。一度見たら忘れない個性的な顔立ちで、ゴースト・イン・ザ・シェル実写版に出るよ」とまで教えてくれた。

こうしてみると話題性のあったハリウッド映画に何本か出演したり、映画祭で何かの賞を受賞した作品または役者が名前をよく覚えてもらっているようだ。しかしミシェル・ヨー、チャン・ツィイーという珍回答も出た。日本の芸者のストーリー「SAYURI」に出演していたので日本人女優と思い込んでいたらしいのだが、確かにこちらの人からすると区別しづらいのかもしれない。

【イギリス】渡辺謙ら一部の知名度は高いが全体として評価はまだまだ

(現地在住ライター バックリー佳菜子渡辺謙(Tinseltown / Shutterstock.com)

筆者の住むイギリスでもハリウッド映画は人気があり、言語を翻訳する必要がないため、ハリウッド映画が封切りになってすぐに見ることができる。そのためハリウッド映画で活躍している日本人俳優はイギリスでも名前が知られている。特に渡辺謙さんは多くのハリウッド映画に出演されているため日本人俳優の代表格と思われている。

またイギリスでは90年代からTakeshi’s Castleという名前でビートたけしが出演している「風雲!たけし城」が一般テレビで放送されており、日本のバラエティー番組には一定のファンがいまだに多い。そこでコメディアンかつ映画監督かつ俳優でもある北野武氏の名前もかなり広く認識されている。しかしやはり全体としてはまだまだ日本人俳優の評価が高いという所までは浸透しておらず(北野映画の評価は高いが)これからに期待したいところである。

スポンサーリンク

【シンガポール】外見の良し悪しが知名度にも影響

(現地在住ライター ウシロスミヤゴジラ(Knot Mirai / Shutterstock.com)

シンガポールは華僑、マレー、インド系の人々が集まった多民族国家だ。そのため、エンターテイメントもそれぞれの文化に合わせたものが提供されている。

映画に関していえば、日本ではなかなかお目にかかれない中国映画や韓国映画、マレー映画、ボリウッド映画など話題のハリウッド映画だけでなくアジア映画の上映も盛んだ。もちろん、邦画ももれなく上映対象になるのだが、シンガポールで公開される邦画は国民的アニメ作品か、エンタメ色の強い実写映画に限られる。

つい最近では、「シン・ゴジラ」が上映されていたし、つい数年前は実写版「るろうに剣心」や「進撃の巨人」が公開され話題になった。

さて、それを踏まえて今回のテーマに触れようと思うのだが、結論から述べるとハリウッド映画に出演している日本人は残念ながらシンガポールではそれほど知られていない。われわれ日本人がハリウッド映画に出ている中国系や韓国系の俳優をまとめて「アジア人」として見ているように、海外の人も同様の視点で見ているため、ほとんど注目されていない。

逆に、アジア圏ということもあり「イケメン」「カワイイ」の美的感覚に大きな違いはないようで、上述した映画にメインで出演している佐藤健や三浦春馬、石原さとみ等を知っている若者は多いように感じる。しかし、これはあくまでも「役者」としての評価ではなく、外見での評価となることに注意していただきたい。

また、極少数だが動画サイト経由で日本のドラマのことを知っている人もいるが、「名前は知らないけど、◯◯に出てた人がカッコイイ」という具合にやはり役者の名前や演技力に注目することはほとんどない。

つまるところ、シンガポールでは日本の役者はほとんど知られていない。知られていたとしても邦画の話題作に出演しているメインの若手俳優に限られているというのが現実である。もっと積極的に英語が堪能な日本人がプロモーションで海外へ出向いたり、現地のTV番組や雑誌の取材に応えるなどしない限り、きっとこの状況はなかなか変わらないだろう。