日本酒が海外で人気を博しているとの報道が増えている。特に「獺祭」はフランスのミシュラン店でも取り扱われており、海外での評価は高級ワインに並ぶともいわれる。

これまでHowTravelMagazineでは、そんな「海外で人気のある日本のXX」について調査してきたが、本当に海外で人気のあるものと、そうでないものがあることがわかっている。一部の人に人気があるものを、テレビが面白おかしく大げさに伝えているというケースが間々あるのだ。
■スポーツ
【現地の反応】イチローはアメリカ国内で実際人気があるのか
大谷翔平についてアメリカでの知名度・注目度は本当に高いのか
錦織圭選手は海外でも知名度・人気はあるのか?

■芸能・エンタメ
【海外の反応】きゃりーぱみゅぱみゅやPerfume、BABYMETALは本当に海外で人気があるのか?
【海外の反応】北野武、渡辺謙が人気!世界で有名な日本人役者は?
【海外の反応】ジブリ映画は海外で本当に人気があるのか

実際のところ、日本酒は海外でどの程度の知名度があるのか。また、日本食レストラン以外のレストランで飲んだり、スーパーで買ったりすることはできるのか。日本酒の人気について、海外現地在住ライターがリポートする。

スポンサーリンク

「サケ」という呼び名ですっかり人気が定着した日本酒

(現地在住ライター 長谷川サツキ

日本酒はアメリカですっかり市民権を得ているお酒だ。呼び名もそのまま「サケ」。言い方は語尾を少しのばして「サァケェ」と発音する。最近では日本食レストラン以外のお店にも置いてあるし、日本酒のよい品揃えの良いバーも増えてきた。酒屋はもちろん、一般的なアメリカのスーパーでも日本酒を扱っているところは多い。酒好きには嬉しい限りである。

ロサンゼルスやニューヨークといった都市部を中心に、ジュースやフレーバーを加えた日本酒カクテルを出しているところもある。ビールに日本酒の入ったグラスを落として飲む「サケ・ボム」は、パーティーやイベントで盛り上げてくれる飲み方として人気だ。まろやかな舌触りが人気の日本酒。アメリカ人へのプレゼントにもおすすめだ。

スーパーでも日本酒が手に入り始めているイギリス

(現地在住ライター バックリー佳菜子

筆者は約8年前にロンドンの日本食レストランで働いていたことがある。当時はSakeという名前は知られていても、人気があるものは甘めの日本酒を熱燗にしたものなど価格が安く飲みやすい日本酒を頼むお客さんが多かった。

しかし、その後獺祭など冷酒が広く流通するようになり、現在では様々な日本食レストランで本格的な日本酒を飲むことができる。イギリスで毎年行われているJapanExpoなど日本文化イベントでは日本各地の日本酒を紹介するブースが年々多く設置され、全角各地の特徴的な日本酒も飲めるようになってきており、人気の高さが見て取れる。

またイギリスの一般的なスーパーでもワインを多く扱っているスーパーであれば澤之鶴のようなメジャーな日本酒が購入可能となっている。

スポンサーリンク

台湾での日本酒人気は実は長い

(現地在住ライター 山田純

台湾では常に日本食が人気である。日本人オーナーが経営する純日本料理から台湾人好みにアレンジされた、いわゆる「日式」と言われる台湾風日本料理まで街を歩けば「日本」「和風」「日式」と言った看板が次々に目に飛び込んでくる。

そんな日本食好きが多い台湾だけあって、日本酒人気も高い。高級日本料理店や日式大衆食堂、居酒屋や焼き鳥屋など、かなりの品揃えで日本酒が楽しめる。中でも「久保田」や「獺祭」などは台湾人の間でも広く知られている。また、デパートの食料品売り場やリカーショップに行けば様々な日本酒が売られており、贈答用などに買う台湾人も多いし、最近ではスーパーの酒コーナーでも簡単に手に入るが値段が日本の倍以上するので毎日の晩酌に、と言うわけにはなかなかいかないだろう。

ところが高価な日本酒が並ぶ隣に面白い日本酒を見つけた。なんと台湾の酒蔵が作る日本酒だ。調べてみたところ、日本統治時代の製造方法を受け継ぎ、作られているらしい。台湾での日本酒人気は実はとても長いのかもしれない。台湾旅行で台湾製の日本酒を飲んでみるのも面白い経験になるだろう。