台湾といえば言わずと知れた親日国であり、日本人にとっては最も住みやすい国の一つだ。アジアの中でも有数の先進国台湾について、日本からのイメージは極めて良い。実際に旅行先としては、ご飯は衛生的でおいしく、交通網もしっかりしている台湾は日本人に大人気だ。

だが、住むとなると言語も文化も異なるため、一筋縄ではいかない。台湾に移住して働く日本人の体験談をご紹介する。

台湾の物価情報はこちら
台湾の就職情報はこちら

スポンサーリンク

良いイメージしかなかった台湾にショックも

(現地在住ライター 山田純

社会人になってしばらく会社勤めをしたあと、学生当時に諦めてしまった「日本語教師になる夢」に再挑戦することに決めた。必死で勉強し、日本語教師の資格を取り、台湾の日本語教室で教えることになった。

なぜ台湾を選んだのか、台湾人から必ず聞かれる質問だ。筆者の今は亡き祖母は台湾生まれで、いわゆる日本統治時代に台湾で生まれ育った世代だ。祖母から聞く台湾の話はいつも面白く、いつも美しかった。そして大学時代の留学でクラスメイトになった台湾人たちとの出会いがますます台湾への思いを強くした。そんな理由で台湾に移住することを決めた。

仕事が決まってからの移住であったため、ほとんどの移住準備は勤務先の日本語教室が手配してくれたので、さほど難しいことはなかった。苦労したことと言えば、まずは全くできなかった中国語。漢字は見れば意味がわかるが、読めない、聞き取れない、話せないで、外食や買い物には本当に苦労した。祖母の話や、留学時代のクラスメイトたちの印象から、良いイメージしか持たずにやって来た台湾だったので、想像と違い、ショックを受けることも多かった。特にサービス業の店員の態度の悪さには驚くことばかりだった。言葉もろくにわからない上に冷たくされた日には涙が出そうになった。また、職場では時間にルーズで忘れっぽい台湾人たちに振り回されっぱなしだったし、一見温厚な台湾人たちは車やバイクに乗った瞬間気性が荒くなるし、授業中にはゲップの大合唱だし、最初の頃は本当に驚きばかりの移住生活だった。

イメージとのギャップが多すぎて腹を立てたり、イライラすることも多いのは事実だが、慣れてしまえば愛くるしいと思える。小さいことばかり気にする自分を笑い飛ばしたくなる。だから台湾ライフはやめられないのだ。

移住には台湾での仕事を見つける必要がある

(HowTravel編集部)

移住するといっても、よっぽど大金を持っていない限りは現地で職を探す必要がある。ただ、いきなり現地企業に直接応募するというのはなかなかにハードルが高いと思う人も多いだろう。実際、台湾での就労ビザを持っていないと門前払いされてしまうということも多い。

そこでお勧めなのが、日本人の海外転職を支援している転職エージェントを利用することだ。案件は大きく2種類あり、一つは日系企業の現地スタッフ募集案件で、もう一つは現地企業の案件だ。どちらにしても日本人を対象に募集している案件なので、英語要件がやや低かったり、ビザ取得のサポートをしてくれたりと、個人で現地企業求人に応募するよりも遥かにハードルが低い。

案件は水物なので、とりあえず登録をしておいて、面白そうな案件があれば話を聞いてみるでも良いだろう。台湾での就職に少しでも興味があるのであれば、とにかくアクションを起こそう。

■お勧めの台湾就職案件に強い転職エージェント
①JAC
JACはイギリス発の日本人転職支援企業で、世界9カ国にオフィスを持つ。台湾単独でみた場合の案件数は必ずしも多くはないが、直接企業を訪問したコンサルタントが相談に乗ってくれるのがありがたい。海外転職であればまずお勧めしたい転職エージェントだ。日本の転職業界で3位の売上を持ち、実績も十分。

➡ JACで求人案件をみてみる
※台湾の求人案件は無料登録してからしか確認できない

②リクルートエージェント
リクルートエージェントは言わずと知れた業界No.1の転職支援企業であるリクルートの運営する転職エージェントサイトで、エージェントが自分に合った案件を紹介から面接までサポートしてくれる。日系企業の現地スタッフ案件が多い傾向にはあるが、海外案件も豊富だ。サイト上では公開されていない、非公開案件がほとんどなので、とりあえず登録をして案件をみてみることをお勧めする。

➡ リクルートエージェントで求人案件をみてみる