2015年12月28日の日韓外相会談で結ばれた日本軍の従軍慰安婦問題を最終かつ不可逆的に決着させる日本国政府と大韓民国政府との合意が決まり、慰安婦問題に終止符を打ったかように思われたが、早くも日本側と韓国側では意見の相違が物議を呈している。国内報道によると、元慰安婦や韓国学生による合意反対のデモ、有識者から合意への批判等が巻き起こっているとのことである。しかしながら、一部の過激な行動がメディアで注目されることは世の常であり、韓国人全体で考えた場合、どのような意見が主流なのかというのはまた別問題である。全体として考えた場合、現地韓国人はこの問題をどう見ているのだろうか。HowTravel現地在住ライターがリポートする。

■関連記事
【韓国の反応】日韓慰安婦合意に反する釜山での少女像設置

※この記事の内容は現地在住者自身の経験と知見に基づくものであり、HowTravelの主張を代弁するものではありません

スポンサーリンク

韓国国民が考える従軍慰安婦問題

(現地在住ライター キム・ヒョンジ

従軍慰安婦問題において、私を含め友人達(韓国に住む韓国人)は、未だに解決されないでいる事を恥ずかしい事だと思っている。現大統領のパク・クネ大統領の父パク・チョンヒ前大統領の時代に韓日国交正常化が実現し、賠償金も貰った。にも拘わらず、当時の交渉時には慰安婦の賠償は含まれていなとして、誠意を示せと言い謝罪と賠償を求め続けた。そして、日本から河野談話・村山談話と謝罪をひきだした。にも拘わらず被害者のお婆さん達に誠意を示せと言い続けたのである。

この慰安婦問題は、韓国政府の対日本外交の切り札として確立していくことなり、支援団体は政治色の強いものとなり、より強い力を持つ事となった。そして、被害者のお婆さん達は反日の象徴となり利用されるようになっていくのである。今では、この支援団体の中の一部団体が被害者のお婆さん達をコントロールし合意に同調させないでいるのが明白である。彼らの行っている事は、善意と言う名の「弱者の恫喝」であり、これほど醜く恥ずかしい事はない。  

そこで、今回の慰安婦問題解決に向けての合意だが、合意後当初の韓国内メディアでは政権与党を支持する意見が多く有った。しかし、支援団体やそれと結託する野党の反対工作もすごいものがあり、デモなどが繰り返し行われているのも事実だ。今回の合意の中で象徴的に扱われているのが、日本大使館前の慰安婦像の撤去であるが、そもそもが公道上に不法占有し設置された日本に対しての「嫌がらせ」だ。現地で見た事が有るが、慰安婦像が置かれている場所は、異様な雰囲気に包まれている。これを撤去するのが、合意の条件だ言う日本側の意見は当然のものだ。被害者のお婆さんの中には移設に賛成の人も居ると報道されているにも拘わらず、支援団体や野党の一部が撤去移設を拒否し続けているのだ。この問題は、先にも記したが善意と言う名の「弱者の恫喝」であるが故に扱いが難しい。

今は、この矛先が政府に向けられている。その為、政府は慰安婦像については、民間が設置したもであるから関与は出来ないと言い出したのである。不法に設置された物を今まで放置し、反日運動に関しては反日無罪と言う既成事実を作った未熟な法治国家ゆえの答弁だ。今までこの問題が解決できなかった最大の原因は、元慰安婦のお婆さん達を政治利用してきた韓国政府と野党、支援と言いながら絶大は権力を付けた一部の支援団体の利権維持だ。そこには被害者のお婆さん達の姿が見えなくなっている。今回ようやく従軍慰安婦問題の解決合意をしたのだから、一日も早い解決を望む韓国人が大多数であるのは事実だ。

一般人の反応は日本人と大して変わらない

(現地在住ライター キム・ハナ

昨年末、慰安婦問題について合意をした日韓両国。しかし完全解決をしたとは言い切れない状態が続いており、解決どころか白紙に戻るのでは?という噂まである。日本のニュースでは、韓国人が日本政府に対し「謝罪しろ」などとデモをしている場面を流したりするので、あたかも韓国人全員が過激だと思われてしまいそうだがそうではない。

慰安婦問題に関しては当事者はもちろんだが、慰安婦を支援する団体というものが存在している。その慰安婦支援団体が利権や金銭的なことが原因でデモを起こしているのでは?という見方をしている韓国人も少なくない。つまり一般人にとっては、慰安婦問題は自分とあまり関係がないから無関心だ、という人が多い。しかし本当に何も考えていない無関心というよりは一応意見は持っているが、日常で慰安婦問題のことをずっと考えているわけではないし、それを理由に日本人も嫌いだ、と結びつける人はほとんどいない。

このように韓国人も日本人と同じく、慰安婦問題はあくまで国家間の問題であり、個人レベルではどうしようもないし、自分がどうにかしようとも思っていないというのが韓国一般市民の意見であり、反応だとも言える。

実際に筆者も韓国人の友人や家族がいるが、慰安婦問題について言及されたり、質問されたことは一度もない。それどころか、テレビでそのようなニュースをやっていると気まずい空気になったりすることさえある。私と同じく韓国に嫁いだ日本人の友人からは「こんなことは気にしなくていいんだよ」とわざわざフォローまでしてくれたという体験談まで聞くほどだ。

このように、日本のテレビでは過熱した報道をされることが多いが、一般人の反応は日本とほぼ同じだと言ってもいいと思う。